作者別: マエダ

Hello Reiwa

令和もSPLOUTをよろしくお願いいたします!!!
ブログネタに困って令和って書き始めたんじゃないからね!
マエダです。

 

平成も終わり令和となりました。

※ ハズキルーペでご確認ください

令和を「018」って書いて令和の年数(元年はもちろん1)を足すと西暦を確認できるとか、R1ってお笑いか?ヨーグルトか?とか、R18って18禁じゃん!みたいなネタなどいろいろと出尽くしましたよね。
今からもう「平成生まれは全員エッチ(H)」って令和生まれに言われてるときが来るのが待ち遠しいですね。

 

昭和バンザイ。

 

さて、ubuntuは18.04に、phpは7系に、rubyは2.6系に、swiftは5系に。
あらゆるものが日々バージョンアップされていき、新しい技術が生まれ、バージョンアップ対応に追われつつ、新しい技術をキャッチアップしながら令和も楽しくシステム開発に取り組ませていただければと思います。

 

いかがわしくあれ、新しい時代に立ちすくむな

https://heisei.yahoo.co.jp/interview/4.html

ソフトバンクグループ孫正義さんのインタビュー記事です。
孫さんだから言えること、孫さんだから感じること。

 

SPLOUTはあらゆることを有機的に取り入れ、必ず新しいコミュニケーションのカタチを創造します!!!


アオハルかよ。

TikTokの影響で #パンケーキ食べたい って毎日踊ってます。(ウソ
マエダです。

愛用しているMacBookが起動しない事案が年始に発生しました。
それなりに充電してたはずなのにバッテリーがないよって画面表示に・・・

苦楽を共にしてきたMacBookさん。

電源アダプタを接続した状態でなんとか起動しました。
そろそろバッテリーの充放電回数あたりが限界なのかと思って調べてみました。

以下の手順で確認できます。

1.「option」キーを押しながら Apple () メニューをクリックします。「システム情報」を選択します。

2. システム情報ウインドウの「ハードウェア」セクションで、「電源」を選択します。「バッテリー情報」セクションに現在の充放電回数が表示されています。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201585
※ ハズキルーペでご確認ください



なんと僕のMacBookの充放電回数は178回!

上記の充放電回数の調べ方で参照したページでは最大充放電回数1000回!
つまり人間に換算すると、今の時代100歳まで生きれちゃうとすると・・・

178 / 1000 * 100 = 17.8 (歳)


僕のMacBookは青春真っ只中ってことですね。


ただ、状態が「バッテリーの交換修理」と表示されていたのでSMCリセットをしてみたところ「正常」となりました。
なにかしら不具合が発生していた模様です。
https://support.apple.com/ja-jp/HT201295


そんなこんなで引き続きこのMacBookを大切に使っていきたいと思います。


バッテリー関連お困りの場合、以下ページもご参考にしてみてください。
https://support.apple.com/ja-jp/HT204054
https://www.apple.com/jp/batteries/maximizing-performance/

※ 結局Apple Store心斎橋さんへお世話になりバッテリー交換しました;



#TikTokerと繋がりたい


みんなありがとう

あけおめことよろ。
年末ジャンボ宝くじを”あえて”当選しませんでしたマエダです。

今年も弊社ではえべっさんに商売繁盛を祈願しました。
そして毎年恒例となっている書き初めをしました。

昨年の書き初めの様子。

https://blog.splout.co.jp/4478/

今年の僕の書き初めはシンプルにこれです。

ほんとにいつも思うことですが毎朝起きてコーヒー淹れて飲めること、おいしくごはんがいただけること、仕事としてプログラミングさせてもらえていること、まわりにいる人たちが楽しそうに話しているとこを見かけること、幸せを感じる身の回りの様々なことがありがたいです。

お仕事をいただけるクライアントの皆様、弊社の関わったプロダクトを見ていただけたりご利用いただいているユーザーの方々、毎日出社してくれるスタッフのみんな、本当にありがとうございます。

新しい年、また気を引き締めて、感謝の気持ちを持って精一杯がんばります!





最後にひすいこたろうさんの言葉をご紹介です。

あなたがくだらないと
思っている今日は
昨日亡くなった人が
なんとかして生きたかった
なんとしてでも生きたかった。
今日なんです。



( ;∀;) イイコトバダナー


ISMS認定証を自慢してみる

マエダです。
 
先日インフォメーション記事でご報告させていただきましたISMSについてご紹介です。(自慢!?

ISO27001(ISMS)認証を取得しました


 

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)とは

https://isms.jp/
リスクマネジメントプロセスを適用することによって情報の機密性、完全性及び可用性をバランス良く維持・改善し、リスクを適切に管理しているという信頼を利害関係者に与えることにある。そのためには、ISMSを、組織のプロセス及びマネジメント構造全体の一部とし、かつ、その中に組み込むことが重要である。
出典 https://isms.jp/isms/

認定証

認定証はこんな感じです。

バーン!

中を開けると。

ババーン!!

認定審査にあたって

今回認定にあたってお世話になりましたのはBSIグループジャパン株式会社様。
な、なんと本社はイギリスで英国王室認可の英国規格協会(British Standards Institution)をルーツとする伝統的な企業。
https://www.bsigroup.com/
https://www.bsigroup.com/ja-JP/
 
BSIグループジャパン株式会社は以下を大切に審査に取り組んでくださり、いくつか改善の機会をいただきつつ無事に弊社をISMS認証に推薦いただくこととなりました。多謝。
・パートナーシップ
・建設的審査
・付加価値サービス
・顧客満足
 
そんなISMS認証に向けて右も左もわからない僕たちのサポートをしてくださったのはLRM株式会社様の吉村さん。
https://www.lrm.jp/
※ 上記サイトに吉村さんの写ってるお写真がチラホラ
 
吉村さんはPC特にめちゃめちゃApple製品に詳しくて、楽しみながら情報セキュリティマネジメントの仕組み導入に取り組めます。(マジ本当
 
今後も、情報セキュリティ基本方針を全社員が認識し、情報セキュリティマネジメントの維持・向上に努め、お客様の信頼をより一層高めることができるよう取り組んでまいります!


Swift4でARKitを触ってみた

TikTokでホコリよけダンスを披露するため日々脳内トレーニングしてるけどダンス経験がないことを理由にビビってTikTokできていません。
マエダです。
 

 
みんな大好きiPhoneアプリ開発で必要となるプログラミング言語Swiftも気づけばバージョン4になり月日が経っていることをしみじみ実感しております。
 
前にコーポレートブログに自分が書いた記事のときはSwift2だったなんて。。。

Swift2でUISearchBarの背景透過


 
さて、そんな進化したSwiftの中でもARKitを触ってみました。

以下参考サイトです。(ありがとうございます!
https://github.com/shu223/ARKit-Sampler
https://github.com/kboy-silvergym/ARKit-Emperor
 
感想としてはAR機能をシンプルに追加できる強力な機能でした。(普通の感想すぎる・・・)
 
この強力な機能をどう活かすかで話題となっておりました3Dスキャナ。
https://www.3dscannerapp.com/
ARを身近にしたポケモンGOはデジタルと自然を調和させる楽しみ方が話題に。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1810/23/news113.html
 
今後もARの活用事例をチェックしながらいろいろと妄想したいと思います!
 
#TikTokerと繋がりたい