カテゴリー: 社内の様子

日本発のステーブルコイン「xcoin」を買ってみた

5月15日に日本発のステーブルコイン「xcoin」「xcoin wallet」サービスが始まりました。
このサービスは Exchangers Co.,Ltd.という会社が運営していて、その代表取締役はテレビなどで活躍されている竹田恒泰氏。
竹田恒泰氏のファンというのもありxcoinを購入してみました。

海外に行く予定や海外通貨で何かする予定もないので、今のところ、同氏がプロデュースする「利尻昆布ラーメン くろおび 」の宅配ぐらいでしかxcoinの使い道はありませんw が、今後、マスターカード利用加盟店でxcoinでの支払いが可能になるようだし、大手ポイントサービスとの連携の話もある模様。なかなか面白いサービスになるんじゃないかと思います。

ていうか、そもそもステーブルコインってなんぞ?

ステーブルコインは、安定した価格を実現するように設計された通貨です。
ビットコインをはじめとする仮想通貨暗号資産)は、ドルや円といった法定通貨と比較すると価格変動が激しくその実用性に課題があると一般的に言われています。
仮想通貨が広く普及する上でも価格の安定は大きな課題の一つとして考えられ、ステーブルコインはその課題を解決する通貨として考案されました。
引用「ステーブルコインとは 【bitFlyer(ビットフライヤー)】」

アメリカではテザーやリブラなどのステーブルコイン銘柄が既に市場を席捲していて、米ドルであれば1ドル=1コインとしてドル建てで発行、実際の資産の裏付けにより価格変動を安定させつつ決済・送金における仮想通貨の利便性を両立しているとのこと。中国もデジタル人民元のプロジェクトを進めているらしい(怖…

Cryptoslateによると、現在ステーブルコインに分類される仮想通貨を合わせると、時価総額にして80億ドルを超える規模になる。とりわけ、最も時価総額の多いステーブルコインのテザー(USDT)は、仮想通貨の時価総額ランキングで5位以内に入っている。
引用「『ステーブルコインの現状と将来性』Facebookの仮想通貨リブラ、中銀デジタル通貨台頭で業界再編へ【COINPOST】

xcoinは156種類のステーブルコインを取り扱う

Facebook が運営するリブラも「米ドル、ユーロ、英ポンド、シンガポールドル」の複数のステーブルコインを取り扱っているようですが、なんとxcoinは156種類ものステーブルコインを取り扱う。ぶっちぎりですねwwww今のところこの規模で取り扱うサービスはない模様。それが日本発というのもなんとも痛快!

日本なら日本円と同価値になるXJPY。米ドルなら同価値になるXUSDという感じでxcoinを購入できる。購入したxcoinは専用アプリの「xcoin wallet」で送金や交換などの管理がまるっとできる。しかも送金まではわずか4秒でできるのがすごいとのこと。

仕組みとしては以下のようなものらしい。

トークンの発行にはイーサリアムのブロックチェーンを活用しERC20トークンを発行する。なおこのブロックチェーンはパブリックでなく、プライベートチェーンとのこと。

通常パブリックなブロックチェーンはブロックの承認を文字通りパブリックにすることで取引が改竄されない信頼を担保している。

引用「竹田恒泰氏のエクスコイン社らが発表した156種類のステーブルコイン「xcoin」について考察 【 あたらしい経済】

日本発のステーブルコイン。せっかくだから応援してもいいじゃないですか

今の段階では国内でxcoinを利用した購買行動ができないので、PayPayなどの電子決済サービスの方がもちろん便利です。

将来的に、世界各国で自国通貨を裏付けにしたデジタル通貨を発行する動きになることは間違いないので、デジタル通貨プラットフォームであるxcoinはをそのまま吸収できるのが強み。
そんな日本製のプラットフォームが世界を席捲する可能性があるって考えるとなんだか夢がありますよね。

電子決済であれば国内での利用に制限されるけど、xcoinなら世界中どこでもxcoin walletひとつでマスターカードの提携店で決済できたり、交換や送金も手数料もなく簡単にできる。
国内の利用手段も大手ポイントサービスとの提携など色々な展開も期待できる。今はラーメンしか買えないけれどwww応援してもいいんじゃないかと思います。
興味があれば以下のリンクから公式サイトを覗いてみてください。

xcoin公式サイト

こちらの動画でもっと詳しく知ることができます。


ハイスタがサブスクはじめるってよ

音楽って本当にいいですね。
マエダです。

僕らの青春時代を支えてくれたあのHi-STANDARDさんが各主要ストリーミングサービスで全楽曲を開放してくれましたよ!

https://music.apple.com/jp/artist/hi-standard/36223467

※ ハイスタと関係のない画像

ハイスタといえば名曲だらけです。
『Maximum Overdrive』のイントロ聴いたらアガる。
『Summber Of Love』とか『Saturday Night』とか最高すぎますね。
(『Growing Up』多め)

 

そういえば元ZOZOの前澤さんの「スタートトゥデイ」という社名はハイスタの『START TODAY』からなのかなーって思ったら全然違いました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ZOZO

ゴリラ・ビスケッツさんの同名曲が由来とのこと。(豆知識)

 

僕は高校生のときに『New Life』のイントロベースを練習したなぁとしみじみ。

といいつつ僕はハイスタのコピーバンドはしていませんでした。
同級生の中でもイケてるヒトたちがコピーしていました。

僕は『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』が好きすぎてアニメの主題歌だった当時ビジュアル系バンドと呼ばれるPENICILLINのロマンスを友だちの家で練習していました。(黒歴史)

ギター、ベース、キーボードだけのバンド。
ドラムもボーカルもいないけど楽しかった思い出。
※ どんな曲か気になる方はYouTubeとかで探してみてください。^^

 

楽器といえば最近ドラムをしてませんが、僕の趣味の欄は「ドラム」にしておきます。

※ 僕の趣味はだれがなんと言おうと「ドラム」

趣味「ドラム」の僕のハイスタのプレイリストを置いておきますので、是非ハイスタをお供に最高の夏をお過ごしください!

https://playlist.surf/playlists/33968

[PR] ご視聴にはPLAYLISTとAppleMusicにてお楽しみください。

 

Hi-STANDARD 公式ウェブサイト: https://hi-standard.jp/


次いってみよー!

あけおめことよろ。
今年もすでに一ヶ月終わりかけていることに気づいたマエダです。

年始は毎年恒例えべっさんにメンバーみんなでご祈祷に行って参りました。
そして、書き初めをしてSlackで共有し抱負を述べるランチ会を実施しました。
※ 例年もっと早くブログ書いてたのに忘れていました;

昨年の書き初め記事はこちら。

今年の僕の書き初めはこちら。

私たちの普段馴染みのあるUIでアプリでは、[次へ]というボタンやウェブサイトではページングで利用する[次へ]というリンクなどがあります。

弊社は、おかげさまで設立から丸5期・丸5年を経過しました。
本当にありがとうございます!

今期は10年目に向けた新しいスタートと捉え、「初心に帰ること」とこれまでの5年以上にこれから先5年は「チャレンジすること」をお約束します。

今始まったばかりの2020年代は僕たちがつくります。

いかりや長介さんの言葉、「次いってみよー」。
なんかすごくポジティブでワクワクするコトバ。
僕たちは次のステージに一歩踏み出せるよう頑張ります!

いつもお世話になっている皆様、これからお世話になる皆様、今後とも何卒よろしくお願いいたします!


面倒な事をシステムでなんとかする

弊社では勤怠システムがWEBシステムになっているのですが、忘れることがあったのでえいやーでなんとかしてみました。

・WEB上に勤怠システムがある
・emailアドレスとパスワードでログインする必要がある
・システムではlaravelのtoken処理が使われているらしく、cookieとtokenも一致させなければいけない
・Macの起動と終了で勤務時間とみなす
・自分しか使わない前提でとりあえず動くもの

ひとまず出勤と退勤処理をするためのプログラムを作成
できあがったものが以下

#!/usr/bin/env bash

function usage {
  cat <<EOM
Usage: $(basename "$0") [OPTION]...
  -h Display help
  -e VALUE E-mail address
  -p VALUE Password
  -t VALUE Type(start, end)
EOM

  exit 2
}

API_HOST='kintai-system-no-host-dayo'
_EMAIL=''
_PASS=''
_TYPE='start'

while getopts ":e:p:t:h" optKey; do
  case "$optKey" in
    e)
      _EMAIL="${OPTARG}"
      ;;
    p)
      _PASS="${OPTARG}"
      ;;
    t)
      if [ "x${OPTARG}" = "xstart" ]; then
        _TYPE='start'
      elif [ "x${OPTARG}" = "xend" ]; then
        _TYPE='end'
      else
        echo "-t ${OPTARG}: unknown type."
        usage
      fi
      ;;
    '-h'|'--help'|* )
      usage
      ;;
  esac
done


if [ "x${_EMAIL}" = "x" ]; then
  read -p "E-mail address: " _EMAIL
fi

if [ "x${_PASS}" = "x" ]; then
  read -sp "Password: " _PASS
fi

# cookieの保存場所
tmpfile=$(mktemp)

# トークンの取得
_TOKEN=$(curl -s -c ${tmpfile} https://${API_HOST}/login | xmllint --html --xpath '//*form/input/@value' - | grep value= | sed 's/[^"]*"\([^"]*\)"[^"]*/\1/g')

# ログイン
curl -L -b ${tmpfile} -c ${tmpfile} -d "_token=${_TOKEN}&email=${_EMAIL}&password=${_PASS}" https://${API_HOST}/login

# 出勤もしくは退勤
curl -L -b ${tmpfile} -c ${tmpfile} -d "_token=${_TOKEN}" https://${API_HOST}/dashboard/${_TYPE}/

exit

適当なファイル名eiya-de-kintai.shとして保存し、実行権限をつけておきます。

$ chmod +x ~/eiya-de-kintai.sh



実行するには以下のようにします。
出勤

$ ~/eiya-de-kintai.sh -e email@example.splout.co.jp -p password-desu -t start


退勤

$ ~/eiya-de-kintai.sh -e email@example.splout.co.jp -p password-desu -t end

プログラムの内容は
・curlでログインページの取得を行い、一時ファイルにcookieを保存
 同時にレスポンスbodyからxpathでinput要素のvalueにあるtokenを取得
・取得したcookieとtokenとメールアドレス(-e)とパスワード(-p)をログインページへPOSTし、ログイン状態のcookieを保存
・出勤もしくは退勤(-tで指定)のエンドポイントへログイン状態のcookieを使いtokenをPOST

ログイン判定してないとかcookieが残骸として残る等かなり手を抜いているがひとまず気にしない。徐々に手を加えていく予定。

Macの起動と終了で処理を走らせるには、「Macの起動=アプリケーションの起動」、「終了=アプリケーションの終了」とみなすことにし、作成したシェルスクリプトを呼び出すApplescriptを作成しました。

Macに標準で入っているスクリプトエディタを起動

↑こんなアイコン

以下のコードを記述

on run
	do shell script "~/eiya-de-kintai.sh -e email@example.splout.co.jp -p password-desu -t start"
end run

on quit
	do shell script "~/eiya-de-kintai.sh -e email@example.splout.co.jp -p password-desu -t end"
	continue quit
end quit

これを
 ファイルフォーマット:アプリケーション
 オプション:ハンドラの実行後に終了しない。
で保存します。

出来上がったアプリケーションをMacのログイン時に実行されるようにします。
「システム環境設定」にある「ユーザとグループ」を開き
「ログイン項目」へ作成したアプリケーションの登録を行います。

以上でとりあえずのものが出来上がりました。

Macを起動し、ログインすると自動で出勤処理が行われます。
Macの終了時には自動で退勤処理が行われ、何も意識しなくても勤怠処理が行われるようになりました。


そう、エラーさえなければ・・・

アカウント情報を平文で書いているとかApplescript使うならシェルいらないのでは?とかエラー処理されていないとか、実用するにはまだまだまだまだ改善すべき箇所が多く残っていますが、ひとまず目標は達成しました。


Microsoft Edge preview builds を触ってみる

Microsoft Edge(以下Edge)が Chromium を採用すると発表してから11ヵ月、もうすぐ1年になろうとしています。

そろそろベータ版も落ち着いたのではないかと思い、インストールから一通り触ってみた感想を書いてみます。

以下から Edge preview build のダウンロードができます。

Microsoft Edge Insider Channels
https://www.microsoftedgeinsider.com/ja-jp/download

お試しできるベータ版は3種類あり、今回は Dev ビルドをインストール。
この記事を書いている時点のバージョン情報は、「79.0.308.1 (公式ビルド) dev (64 ビット)」 となっています。

起動せよと呼ぶ声あり

起動時の画面がこちら。

Microsoft Edge preview build を開いた最初の画面

メニューはこんな感じです。

Microsoft Edge preview build のメニュー

現行版 Edge に比べてかなり Chrome に近い印象。

弊社サイトの Recruit ページを preview build と現行の Edge で表示させて並べてみました。

左が preview build, 右が現行版 Edge

CSS の解釈が違うのかベータ版だからなのか、ヘッダー(青い色の部分)の box-shadow が効いていません。

いくつかWebページを見て回りましたが、閲覧程度なら現行ブラウザとも遜色なく動作しているように見えます。
Edge Insider の「既知の問題」を見るとまだいくつかの問題は残っているようですが、随時修正されていくでしょう。

私は Chrome であり、Safari であり、Edge ではない

ユーザーエージェントは以下のようになっています。

Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/79.0.3943.0 Safari/537.36 Edg/79.0.308.1

Mozilla、AppleWebKit、Chrome と並んでいますが、Edge ではなく Edg となっています。
preview build であるため Edge にはまだ至っていないということなのか、このまま本採用されるのか。
開発者視点だと気になる点ではあります。

見よ、Chrome アドオンは共にある

新しい特徴として、Chrome アドオンが利用できるようになるとのことなので試してみました。

試してみるアドオンは Picture-in-Picture Extension (by Google)
https://chrome.google.com/webstore/detail/picture-in-picture-extens/hkgfoiooedgoejojocmhlaklaeopbecg

Chrome ウェブストアを Edge で開くと画面上部にメッセージが。

「他のストアからの拡張機能を許可する」というボタンをクリックすると、拡張機能のページに「Chrome に追加」のボタンが現れます。
押してみると何事もなく拡張機能に追加されました。

実際に試してみると、

PIPを有効にしたときの表示

Edge の外に PIP の小さなプレイヤーが表示され動画が再生されています。
ただ、試した限りでは残念ながら一時停止ボタンが機能しませんでした。

やがて Chrome になる?

ここまでをまとめると「Chrome によく似た何か」であり、それ以外の感想は特に出てきませんでした。
あまりに Chrome 然とし過ぎていて、どちらを使っているのか分からなくなります。

まずは基本機能の安定動作。
そこからの独自機能の実装という方針なのだと思います。

今後、実装予定の新機能が色々発表されていますし、edge://flags/ を開くと WebVR や WebXR Device API 等、気になる名称の機能が試験段階として無効化されていることが分かります。

試験段階の機能 Collections

そして、試験段階にある Internet Explorer モードが IE ユーザーに受け入れられるのかどうか。

正直にいえば、新しい Edge に一番期待しているポイントです。

IE がなくても Edge で問題ないということになれば、多くのWeb開発者の救済への大きな一歩となるかもしれません。

しかし、Chrome に似た何かで終わる可能性もあり…。

Microsoft 様におかれましてはどうかうまくやってくださいと強く祈るばかりです。