カテゴリー: 社内の様子

ブラウザのサウンド出力先を変更したい!

近頃、ブラウザのタブを複数開いて動画や音楽を同時再生することが増えてきました。

言うまでもないことですが、同時再生なので音がごちゃごちゃしてます。

せめてイヤフォンやヘッドフォンで聴いているときはタブごとに音を左右に割り振りたいと常々思っていました。

しかし、ChromeやFirefox、Edgeといったメジャーなブラウザには音を調整するミキサーがついてないどころか、デフォルトのサウンドデバイスから変更するような設定がそもそもありません。

そんな設定あったとしてもサンプルレートやらビットレートで色々がアレなんだろうなぁ…もう駄目だぁ…おしまいだぁ…

と諦めてかけていたところ、Javascript の Web APIs を使えば前述の音の割り振りが実現できそうなことに気付きました。

のでやってみました。

image
音声の出力先を選択できるようにした

これだけでセレクトボックスから選択したデバイスでオーディオが再生されるようになりました。仮想オーディオミキサーも試してみましたが問題なく動作します。

躓いた点は、

  • ラベルが取得できない場合、deviceIdでしか判別できない。
  • 音声に加えてマイクの使用を許可しないと、デバイスの許可が取得できず出力先を切り替えることができない。
  • Macの場合はプライバシー保護機能のためアプリの許可も必要かも。

割とセキュリティ厳しめです。

気が付いたら勝手にマイクがONにされて独り言が全世界に公開とか、いつの間にか催眠音声を聞かされてるとかすると怖いので仕方がありません。

それでも、Audio要素ごとにデバイスを設定できるのは予想以上でした。

出力側が対応しているかの問題がありますが、7.1chでも20chでも設定上可能です。

2つの曲を聴きながらテンポを合わせたい人や、イヤフォンの上からヘッドフォンをする人、左で雑談、右で焚き火の音を聴きながらゲームする人も安心です。平和は守られた!


高品質デザインツール Canvaを使ってみた。

こんにちは。デザイナーのMです。
今回は無料で美しいグラフィックデザインを作成することができる「Canva」というサービスを使ってみました。

Canvaとは?

CanvaはPCブラウザ、アプリ(iOS/Android)で利用できる、無料グラフィックデザインツールです。

グラフィックデザインを無料で簡単作成 – Canva
https://www.canva.com/ja_jp/

豊富なテンプレートから用途にあったデザインを選んで、カスタマイズするだけで高品質なグラフィックデザインを誰でも簡単に作ることができます。

わかりやすいホーム画面

登録すると最初に表示されるホーム画面です。
・デザインを作成
・あなたのデザイン(作成済みのデザインがある場合のみ表示)
というシンプルなダッシュボードで、とてもわかりやすいです。

デザインテンプレートも
・ソーシャルメディア
・Instagramの投稿

などの各種SNSに対応した最新のテンプレートから、
・店舗のメニュー表
・パンフレット
・商品券
などの印刷物のデザインテンプレートまであって種類がとても豊富です。

今回はこのブログ記事のヘッダー画像を作成してみながら、Canvaを使ってみようと思います。
※記事中のスクリーンショットがPCブラウザのものになるので、アプリ版とは多少違う部分があるかもしれません。ご了承ください。

デザインを作ってみる

それでは早速ですが、テンプレートからデザインを作ってみようと思います。
ホーム画面のテンプレート一覧から「Blogバナー」をクリックします。

ブログで一般的に使用されるサイズで真っ白なアートボードが表示されました。
画面左側に、メニューとデザインテンプレートが表示されています。右下に(無料)と書いてあるものは無料で利用できます。
それ以外もデザインの背景にCanvaロゴの透かしが入りますが利用することができます。この透かしは有料で削除することも可能です。

今回は無料のテンプレートを選んでみました。

このままでも普通に利用できるオシャレなテンプレートになっています。
このテンプレート上の文字をクリックするとすぐに編集することができます。

多数のフォントや文字色の変更もツールバーからすぐに変更することができます。非常に直感的で初心者の方でも使いやすいのではないかと思います。

背景画像も豊富な素材が用意されていて自由に差し替えることも可能です。自分の持っている画像を挿入することもできます。
また簡単な写真フィルターなども用意されており、ちょっとした画像編集も可能になっています。
フォントの組み合わせもデザイナー顔負けの色んなパターンが用意されているので、どれにしようか悩むのもいいかもしれません。

あっという間にバナーの完成!

数クリックでバナーが出来てしまいました。時間にして5分もかからなかったと思います。
作成したデザインは、pngやjpg、PDFでダウンロードすることができます。
いつもはIllustratorやPhotoshopでデザインを作成していますが、簡単なデザインラフや今回のブログなどで利用する記事内の画像などはCanvaで作るのでも十分かもしれません。


また機会があれば、ぜひ使ってみようと思うことのできるサービスでした^^

グラフィックデザインを無料で簡単作成 – Canva
https://www.canva.com/ja_jp/


みんなありがとう

あけおめことよろ。
年末ジャンボ宝くじを”あえて”当選しませんでしたマエダです。

今年も弊社ではえべっさんに商売繁盛を祈願しました。
そして毎年恒例となっている書き初めをしました。

昨年の書き初めの様子。

https://blog.splout.co.jp/4478/

今年の僕の書き初めはシンプルにこれです。

ほんとにいつも思うことですが毎朝起きてコーヒー淹れて飲めること、おいしくごはんがいただけること、仕事としてプログラミングさせてもらえていること、まわりにいる人たちが楽しそうに話しているとこを見かけること、幸せを感じる身の回りの様々なことがありがたいです。

お仕事をいただけるクライアントの皆様、弊社の関わったプロダクトを見ていただけたりご利用いただいているユーザーの方々、毎日出社してくれるスタッフのみんな、本当にありがとうございます。

新しい年、また気を引き締めて、感謝の気持ちを持って精一杯がんばります!





最後にひすいこたろうさんの言葉をご紹介です。

あなたがくだらないと
思っている今日は
昨日亡くなった人が
なんとかして生きたかった
なんとしてでも生きたかった。
今日なんです。



( ;∀;) イイコトバダナー


仕事で使うメールアドレスにフリーメール・・・?

最近プライベートで名刺をいただく機会が増え、もやもやしていることがあります。
仕事で使っているはずのメールアドレスにフリーメールのアドレスがそのまま使われている・・・
ドメインを取得し、ホームページをもっている企業でもフリーメールのアドレスがそのまま使われている・・・
こんな事が結構な頻度であります。

もったいない・・・!

歳をとって細かいことが気になるオッサンになったからかもしれないですが、凄く気になる。

例えば何も情報がない状態で以下の2パターンのメールアドレスだとどちらが信頼できそうでしょうか?
・sploutgames@gmail.com
・games@splout.co.jp
一概には言えないですが、私はフリーメール=誰でも自由に使い捨てアドレスが取得できる。という観点から後者の企業ドメイン(games@splout.co.jp)のほうが信頼できそうな気がしてしまいます。

例としてGmailを挙げましたが、Gmail自体はセキュリティにも優れた素晴らしいものです。
逆に企業ドメインのアドレスについては適当に設定されたメールサーバで稼働するセキュリティの低いものの可能性だってあります。

ただ、それでも企業として利用するメールアドレスにフリーメールアドレスをそのまま使うのは違うと思ってしまうのです。

そこで是非ともおすすめしたいのがG Suiteです。
G SuiteはGoogleが提供する様々なツールを、1つのパッケージで全て利用できるサービスです。
これにはGmailも含まれており、企業ドメインを使用したメールアドレスが利用可能になります。
G Suiteについてもう少し詳しい内容が次の記事にあります。
https://blog.splout.co.jp/2150/

導入はもちろん、導入のご相談からサポートまで一貫したお手伝いをさせていただいております。
この機会にG Suiteの導入をご検討されてみてはいかがでしょうか?
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ


ISMS認定証を自慢してみる

マエダです。
 
先日インフォメーション記事でご報告させていただきましたISMSについてご紹介です。(自慢!?

ISO27001(ISMS)認証を取得しました


 

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)とは

https://isms.jp/
リスクマネジメントプロセスを適用することによって情報の機密性、完全性及び可用性をバランス良く維持・改善し、リスクを適切に管理しているという信頼を利害関係者に与えることにある。そのためには、ISMSを、組織のプロセス及びマネジメント構造全体の一部とし、かつ、その中に組み込むことが重要である。
出典 https://isms.jp/isms/

認定証

認定証はこんな感じです。

バーン!

中を開けると。

ババーン!!

認定審査にあたって

今回認定にあたってお世話になりましたのはBSIグループジャパン株式会社様。
な、なんと本社はイギリスで英国王室認可の英国規格協会(British Standards Institution)をルーツとする伝統的な企業。
https://www.bsigroup.com/
https://www.bsigroup.com/ja-JP/
 
BSIグループジャパン株式会社は以下を大切に審査に取り組んでくださり、いくつか改善の機会をいただきつつ無事に弊社をISMS認証に推薦いただくこととなりました。多謝。
・パートナーシップ
・建設的審査
・付加価値サービス
・顧客満足
 
そんなISMS認証に向けて右も左もわからない僕たちのサポートをしてくださったのはLRM株式会社様の吉村さん。
https://www.lrm.jp/
※ 上記サイトに吉村さんの写ってるお写真がチラホラ
 
吉村さんはPC特にめちゃめちゃApple製品に詳しくて、楽しみながら情報セキュリティマネジメントの仕組み導入に取り組めます。(マジ本当
 
今後も、情報セキュリティ基本方針を全社員が認識し、情報セキュリティマネジメントの維持・向上に努め、お客様の信頼をより一層高めることができるよう取り組んでまいります!