カテゴリー: その他

自分と他人の認知特性について

こんにちは、デザイナーのはなです。

最近小さい鳥を飼い始めました。かわいいです。

認知特性テストをやった

https://overpass.dokkoisho.com/cognitive/

こちらの本田35式認知テストというものが少し前に流行っていたので、やってみました。

写真(カメラアイ)タイプ 写真のように二次元で思考するタイプ

三次元映像タイプ 空間や時間軸を使って三次元で考えるタイプ

言語映像タイプ 文字や文章を映像化してから思考するタイプ

言語抽象タイプ 文字や文章を図式化してから思考するタイプ

聴覚言語タイプ 文字や文章を耳から入れる音として情報処理するタイプ

聴覚&音タイプ 音色や音階といった音楽的イメージを脳に入力するタイプ


カメラアイと聴覚&音の間が断崖絶壁みたいになっている…

聴覚に関する項目の点数が著しく低い、つまり音声での情報効率がもうむちゃくちゃ悪いということになります。

そう考えると、電話しながらTwitterを見ると、友達との会話の内容がわからなくなることもこれが原因だと言えます。

私の場合、情報入力(視覚)と情報入力(聴覚)を戦わせると、視覚からの情報が必ず勝ってしまうということです。

自分が聴覚情報の処理が苦手であるということは昔から正直若干自覚があったため、授業などで板書少なめで喋りまくる先生の授業では聞くのを途中で諦めて、要点の単語のみメモし、あとから教科書や資料集やネットなどで調べて自分の目で見たものを情報として補完していたこともありました。

また、私の学生時代のノートは、落書きもイラスト図解もめちゃくちゃ多いため、絵だらけでした。

それはあんまり今も変わってないですね。(ミーティング中のメモが絵だらけな人)

他人の認知特性をふわっと推し量る

他の人になにかの情報を渡したり、好きなものをおすすめしたりするときに、相手の認知特性がなんとなくわかっていると何かと便利です。

例えばですが、私の友人の一人に、一緒に映画を見に行ったあと「あのシーンよかったよね〜」など感想を話すとき、必ず「あのセリフの表現が…」と、文章としての表現について話す人がいます。

私が映画の感想を話すときは、印象的なシーンの構図や、光の当たり方などについて思い返すことが多いので、おそらく私と認知特性が違うんだろうな、と解るわけです。

なので理解してほしい事があるときは、文章で説明してくれているサイトを探してきたり、少し長文になったとしても文章で説明するように心がけています。

何かの記憶について話したり、何かを説明してもらったりしたときに、その人の得意な情報処理方法が滲んで出ていると感じることが多いです。

もちろん全然わからないときも同じぐらい多いので、その時は相手の顔色を見つつ、わかってなさそうなら説明方法を変え、色々試して結果的に同じことを3,4回繰り返して説明するようにしています。

また、なんとなく推し量った相手の認知特性は、絶対そうだ!ではなく、あくまでもなんとなく、もしかしたらそうかもな〜ぐらいの認識でいることが一番大切です。

まとめ

優位特性についてテストしてみて思ったことは、自分のパラメータで突出している部分や陥没している部分があるように、他人にだってそういう部分があるんだろうなということです。

私の聴覚&音が1点であるように、視覚が1点の人だってもちろんいるわけです。

私が、音声だけでばーっとたくさんの情報を渡されたときにほとんど理解できなくて涙目になることがあるように、私がわかりやすいからと言って絵や図だけで情報を渡してしまうと、理解できなくて涙目になる人がかならずどこかに存在しているわけです。

自分がわかりやすいからといって、他の人もわかりやすいとは限らないということは、デザイナーという職業だからこそ特に気をつけなければいけないことだな、と痛感しました。

また、聴覚情報しか用意されていない場合でも、少しでも多く情報を理解できるように、例えば目を閉じて視覚情報をシャットダウンしたり、グラフィックレコードのようなことをしてみたり、ゆっくり話してもらうようにお願いしてみたり…など、工夫する必要があるなと思いました。

https://blog.splout.co.jp/33/

優位特性についてはこちらの記事でも触れられています。


おうちでDIYチャレンジしませんか?

こんにちは、デザイナーのはなです。

お休みの日も外に遊びに行けない昨今、みなさんはどうやっておうち時間を過ごしていますか?

私はもとより多趣味で引きこもりなので、正直あまり以前の休日の過ごし方と変わっていません;

さて、私の多趣味のうちのひとつにDIYがあります。

この機会に新しく食器を置く棚を作りたいなと思っているので、おさらいがてら以前私が本棚を作ったときの過程を紹介したいと思います。

1.設計

 設計というと大層に聞こえますが、要はどんなものを作りたいか考える時間です。

大体こんな感じのものを作ろうかなと決めたら、ざっくり設計図を書きます。

こんなヘロヘロのフリーハンドでも大丈夫です。

左下のグレーの箇所に通販で購入した机を、右下の箇所にギターを置きたかったので、その大きさをもとにして全体のサイズなどを決めました。

また、どんな大きさの木材がいくつ必要なのか書き出しておくと、買い物がスムーズです。

2.材料調達

ホームセンターや通販などで、木材を始めとする必要な材料を調達します。

ホームセンターだと購入した木材をカットしてくれるサービスを行っていることが多いので、設計図をもとにすべての木材をカットしてもらいます。

また、木材は通販でも購入できます。

好きなサイズにカットしてくれるサービスもあるので、こんなときだからうまく活用したいですね!

https://www.rakuten.co.jp/mokuzai-o/

https://shop.woodworks-marutoku.com/

また、個人的におすすめしたいのが平安伸銅さんのDIYパーツです。

LABRICOという突っ張り棒パーツが有名ですね。

平安伸銅さんのサイトには、おしゃれなDIYパーツが色々揃っており、見ているだけで創造意欲がかきたてられます。

https://www.heianshindo.co.jp/labrico/

3.塗装

買ってきた木材に塗装を行います。

塗料にもいろいろありますが、置く場所や用途によってどの塗料を選んだらよいかが変わってきます。

室内用の本棚なら防水のことなどはあまり考えなくてもいいですが、食器棚となると①食品に触れるものが乗る②濡れているものが乗る可能性がある、などと少し注意が必要です。

ちなみに私はDIYのすべての工程の中で塗装が一番好きです。

4.組み立て

塗装した木材を組み立てていきます。

このとき注意したいのが、大きめのものを一人で作った場合、組み立てと設置の順番を間違えると詰むということです。

今回作った本棚の設計では、LABRICOを使用した木の柱を建てる必要がありました。

LABRICOなど突っ張り棒パーツを使用した棚などの作り方のサイトを見ると、先に組み立てをすべて行ってから設置すると書いてあることが多いですが、私一人では柱を二本以上同時に建てることができなかったため、L字金具をつけた柱を一本ずつ先に設置→棚板を設置 という順序で組み立て設置を行いました。

5. 設置

前項でも書いたとおり、組み立てと設置は順番を考えながら行います。

手伝ってくれる人がいるなら、素直に手伝ってもらったほうがいいと思います。

(私は父親に「お前一人では無理だ」と散々言われ腹が立ったので意地でも一人で完成させました)

設置したら完成です!

すごくいい感じに出来上がりました!

(趣味がバレバレで恥ずかしいところだけぼかしを入れました)

自分で作った棚だと愛着もひとしおです。

ちなみに青い壁紙は、貼ってはがせる賃貸用の壁紙のりを使って貼りました。

壁のどこか一面に壁紙を貼るだけで部屋の雰囲気がガラッとかわるので、こちらも手軽なDIYとしておすすめです!

まとめ

大規模なDIYとなると、やろうやろうとは言いつつなかなか始められなかったり、時間がかかるということに臆してしまう気持ちも出てくると思います。

ですが、作る作らないは置いておいて、とりあえず設置場所のサイズを図って必要な木材の枚数だけ出してみると、あれ?案外作れそうだな?という気持ちになってきます。

私も食器棚を作ろう作ろうと思いつつ、いろいろ忙しかったのもあって作り始められていなかったのですが、数少ない外出の予定が潰れまくっている今がまさに作りどきなのかなと思いました。

みなさんもこの機会に、少し手間のかかるDIYに挑戦してみませんか?


GWの大半は北半球から南半球へお引越し

カツラです。

ここ1ヶ月は新型コロナウイルス対策の為3日に一度の食料買い出し以外に外出しておりません。まぁ私にとっては単純に食料買い出しに出る日が1日1回から3日1回に減ったぐらいなんですが、流石にそろそろ外に出たい気持ちが湧いてきます。

Twitterで話題になって買った「あつ森」ですが、GW中に妹達とオンラインをして気づいたことが1つ、自分の島の住人があまりにも可愛くない
それもこれもストーリークリアを重視して出会った住人を片っ端から勧誘してたのがまずかった。
そして最後に住人を入れ替えればいいやと軽い気持ちで考えていたのがいけなかった・・・。
なのでクリアした後にやった離島ガチャの黒いカンガルーこと「アザラク」だけが唯一のお気に入りの状態。。。これではいかんと住人の入れ替えを実施。

色々調べてみてやったけど
・キャンプにくるのは可愛いとは限らないそして頻度も割と少ない
・住人を追い出すために虫取り網で叩いてたけど心が痛い・・・そしてよくよく調べてみると住人と別れるには逆に親しくなる必要がある

兄弟全員北半球だったので悩んだ末に南半球に移住(再プレイ)これがGWの大半でした。

まず最初の住人リセマラ。
アネキタイプは微妙なのばっかだったのでハキハキタイプでいいのを試みる(ペンタが理想)。
2時間経過・・・
もう果物が「みかん」で普通に許容できる範囲であればいいやと妥協。
最終的にハムスケとウェンディと「りんご」で初回ガチャを終了。
最初の強制キャンプガチャはもちろん失敗・・・ピエロっぽい羊。
そして勝手に移住してくる住人。
数多もの離島ガチャに失敗し最終的に到達したのがこちら

最初にしっかり選んで誘っていれば良かった。


おうち時間で爆弾解除をしてみた話

こんにちは。デザイナーのMです。

新型コロナウィルスの影響で、弊社は約1ヶ月前頃から在宅での勤務体制となっています。
プライベートでも、週末は近所を少し散歩するぐらいしか外出をしておらずほとんど家の中で過ごす、いわゆる「おうち時間」を実践しています🏡
ただ、1ヶ月近く家の中で過ごしていたらさすがにやることも少なくなってきます。。
「ウォーキング・デッド」という海外ドラマをずっと観ていたのですが、それも最新エピソードまで追いついてしまい次に観るのを何にしようか悩んでいるところです😂

そんなとき後輩デザイナーが日報に、あるゲームを紹介しているのを読んで興味が湧き、やってみようと思いました。

それがこちら、
「完全爆弾解除マニュアル:Keep Talking and Nobody Explodes

https://keeptalkinggame.com/ja/



タイトルだけで面白そうじゃないですか?(私だけでしょうか👀
PS4やNintendo Switch、PCのマルチプラットフォームに対応しているインディーゲームです。

どんなゲームか簡単に説明すると、『2人以上で会話をしながら爆弾解除にチャレンジする独特なシミュレーターゲーム!』です。
1人が「処理担当者」となり、ゲーム画面を見ながら画面内の爆弾の状況を説明して、その他の人は「分析担当者」となり「処理担当者」から説明された爆弾の状況を<爆弾解除マニュアル>を見ながら解除方法を「処理担当者」に伝えて、協力しながら一つの爆弾を解除するのです。
要するに、いかに相手に情報をうまく伝えることができるかを試されるゲームです。

「処理担当者」はマニュアルを見れない、「分析担当者」は爆弾が見れないので目で見た情報を丁寧に分析して相手に伝える必要があるので本当に難しいです。
デザイナーたるもの「伝える」ことが仕事だと思っているので、やっている最中はいかにわかりやすく相手に伝えられるかを意識してプレイしました😂

価格は1,600円(Nintendo Switch版)で、<爆弾解除マニュアル>はこちらから無料でダウンロードすることができます。
印刷したほうが雰囲気は味わえるのですが、スマホやタブレットで閲覧しても特に問題なく利用できました。

爆弾の状況を分析する際にメモは必須です。マニュアルに書いてあるヒントをもとに、必死に解除方法をメモ帳に状況を書き殴りながら考えました(笑)


以下、プレイ画面です。


爆弾には「モジュール」という部品が付いていて、この「モジュール」をマニュアルに書いてあるヒントをもとに解除していきます。
爆弾に付いているすべての「モジュール」を解除すれば、爆弾解除となります。
また、アラーム音やBGMが程よく緊張感を与えてくれます。
1回間違えるごとに残り時間の進みが少しだけ早くなるのでさらに焦ります(笑)


「ノーマルモード」と「フリーモード」の2つのゲームモードがあります。

「ノーマルモード」は、ミッション形式になっていて進むごとに解除が必要なモジュールが増えて難しくなります。(私は4つめのミッションぐらいから詰みはじめました笑)

「フリーモード」は、モジュール数や制限時間を自由に設定できるモードです。好きなミッションを作って遊べます。

プレイしているとあっという間に時間が過ぎて、暇になりそうだったおうち時間がはかどりました🏡
パズルゲームやパーティーゲームが好きな方にはとてもおすすめなので、ぜひプレイしてみてください🎮スマホアプリ版があればもっと手軽にできるかなと思いました。開発会社さんよろしくおねがいします(笑)

コロナで皆さん大変かと思いますが、少しでもおうち時間が楽しい時間になるように、いろいろなものを今後も取り入れていきたいと思います👌


お気に入りのSHIZQカップ

スプラウトでカップといえばこれ、という感じでおなじみのSHIZQ鶴カップ。
私はもっぱら自宅でビールや日本酒などを飲むときに使っております。

飲むときの唇に当たる感触が独特で、安いお酒がなんだか高価なものに感じられるのが良くて毎日使っているのですが、一つだけ弱点が。。。

それはこのカップの特徴でもあるのですが、、、

これ、、、ものすごく軽いんですよね。

飲み物をなみなみと注いでも軽いんです。

なので、、、がさつな私はもう何回も倒してしまって、お酒をテーブルにぶちまけております。。。

SHIZQさんにはぜひ、もう少し低重心で重くなるような改良をお願いしたいなぁ、、、と、このカップで飲むときに毎回思ったりしております。

こんな感じで、(下手くそな塗り絵ですみません。。。)

下の部分に金属の輪をはめたり、カップの底におもりをつけられるようなオプションとかがあればウレシイ、、、

とはいえ、色々思いながらも毎日このカップで飲んでいますので、結構気に入っています。

これからも倒さないように気を付けつつ、美味しくお酒をいただきます。

(自分でおもりをつけてみようかな。。。)