カテゴリー: その他

Amazon配送の「置き配」に注意

どうも。

コロナ禍ということもあって買い物はほとんどネット通販で済ませている、という方も多いと思います。かくいう私も食料品以外の買い物の大半をAmazonで済ませています。ポチッとするだけで翌日か翌々日には商品が手元に届きます、ホント便利ですね。

このみんな大好きAmazonなのですが、配送方法がヤマト運輸とか佐川急便などの宅配業者から「Amazon配送」というものに変わっていってるようです。
これはAmazonが独自に構築している配送網ということで、都市圏から徐々にこの配送に置き換わっていってるようです。自社配送にしてコストダウンを図っているのでしょうね。

私が住んでいるところも先日Amazon配送に切り替わったのですが、配送日なのに全然荷物が来ないなーと思っていたら急に配送完了メールが来て、メールにあるリンク先を見たら自宅の玄関先にAmazonの箱が置いてある写真が貼ってありました。


慌てて玄関を開けるとそこにはAmazonからの荷物が、、、玄関先に置いていってるよ!!(怒)

どうもこのAmazon配送には「置き配」といって、玄関先やガスメーターの中に商品を置いていくという受け渡し方法があるのですが、なんと配送方法の既定値がこの置き配になっているようなのです。
なので、初めてAmazon配送に切り替わったときには置き配が指定された状態になっています。そんなの聞いてないよ。。。

そんな指定がどこにあるのかというと、、、、

注文確定前の画面のここをクリックすると

このような画面が出ますので変更します。

わかりにくい場所にありますよね。。。

まあこのほうが人と接触しないから安心だ、という方はいいのでしょうが、玄関に荷物置きっぱなしだと盗まれる心配もありますし荷物がホコリだらけになるんですよね。。。

今宅配業者が配送している地区もある日急に配送方法が変わりますので、置き配にしたくないという方は毎回注文確定前に確認したほうがいいですね。


タコライスを作ってみたら、めっちゃカンタンで子供も喜んだ件

こんにちは。リモートワークで男子でも自炊が増えて、今まで作ったことのないレシピにも挑戦する方もいらっしゃるかなと思います。
どうせ作るなら子供に食べさせて喜ぶレシピがいいなと思っていて、チャレンジしてみたのがこちら。

美味しい☆タコライス
https://cookpad.com/recipe/1467554

食材は多少揃えないといけないですが、料理初心者の私でも作るのはとってもカンタンでサクッとできました!トマトやレタスの野菜がとれて、割とボリュームがあるのに子供もペロッと完食!これは定番入り間違いないです!!!

材料はこちら

↑の引用に近くはなりますが

レタス 葉っぱ1枚ぐらいで1人前。中の方なら2枚~3枚ぐらいでいけます。
トマト 1個(2人前)
合い挽きミンチ 200g(2人前)
玉ねぎ 半玉
ニンニク 一欠
とろけるチーズ 適量


調味料(タネのソース)

ケチャップ 大さじ2杯
ウスターソース 大さじ1杯
しょうゆ 大さじ1杯
料理酒 大さじ1杯
砂糖 小さじ1杯
オリーブオイル 大さじ2杯

作り方

(1)トマト準備
・トマトを1cm角ぐらいに斬る
 ※輪切りからの短冊切り×2
・ボールに入れて、ケチャップをまぶす
(2)タネのソース作り
・調味料を軽量カップなどにぶちこんでおく
(3)タネを作る
・ニンニクをみじん切りにする
・玉ねぎをみじん切りにする
・オリーブオイルを敷いて、↑のニンニク・玉ねぎを炒める
・多少かおりがしてきたら肉を投下&塩コショウ
・ソースをぶちかましておわり
(4)レタス準備
※ザルにレタスをむしって適当に洗いながら、手でちぎればOK!
(5)合体!
・器にお米を入れる
・レタスをのせる
・チーズをまぶす
・タネをのせる
・トマトをのせる
(6)おわり!
※タネは2人前なので注意。一人で食べるなら2回分なので残った分は皿に移せば次の日もタコライス食べれます。
※トマトも2人前ですが次の日の分に回すのが面倒くさいと思ったら全部たべてもOK!全部食べてもトマトが多すぎるって感じはそこまでしないです。

完成!

タコライス

初めてのトライで普通に美味しくできました。食材を揃えるのが面倒くさい部分はありますが、栄養・見た目・美味しさは抜群です!一度試してみてはいかがでしょうか!!マジでお勧めです!!


ネットは玉石混交(石多め)

どうも。

先日iOSアプリのプログラムを書いていて、URLエンコードしないといけない場面がありました。

URLエンコードとは、URLに含むことが禁止されている文字をエンコードすることで、

例えば、

https://xxxx.jp?email=hogehoe+hoge@xxxx.jp

これを

https://xxxx.jp?email=hogehoe%2Bhoge%40xxxx.jp

このようにします。

正規表現などを駆使して自力で変換できなくもないのですが、大抵の言語処理系にはURLエンコードを行ってくれる関数やクラスがありますので、普通は素直にそれらを使います。

iOSアプリはswiftという言語で記述します。

swiftにはStringクラスに addingPercentEncoding() というメソッドがありますのでそれを使うことになります。
このメソッドには withAllowedCharacters という引数が必要で、これはどうもURLエンコードしなくてよい文字セットを指定することになっているようです。

何を指定したらいいんだろうなー、、、とGoogleで検索すると、swiftのURLエンコードについて書かれたブログ記事がいくつもヒットします。いくつかの記事に「.urlQueryAllowed」という文字セットを指定しているので、「あーこれか。いかにもな名称だしこれかな」と思って採用してみますが、うまくエンコードされません。。。

なんか別のエンコードするメソッドがあるのかなーとこれまたGoogle検索で探しますが見つかりませんので、今度はaddingPercentEncoding() に絞ってネットの海を彷徨うと「いかにもそれっぽいCharacterSet.urlQueryAllowedは、エンコーディングしてくれない文字が結構ある」と。。。

そのサイトを参考にして

var allowedCharacterSet = CharacterSet.alphanumerics
allowedCharacterSet.insert(charactersIn: "-._~")
addingPercentEncoding(allowedCharacterSet)

とすることで無事エンコードできました。

しかし結構な数のブログ記事には urlQueryAllowed が指定されていました。書いた人がテストした範囲で問題なかったのか、実際にテストもしないでリファレンスを読んだだけで書いてるのか、人の記事をパクッているのか。。。

日々プログラムを書いている時、Googleのお世話にならない日はありません。ググらずにプログラムを書き上げることなど不可能といっても過言ではありません。
ただ、そこに書かれている情報を鵜呑みにすると遠回りしてしまったり、とんでもない間違いを犯してしまうことがあるので注意が必要ですね。


俺のスナワチ

も〜い〜くつね〜る〜と〜お正月♪
あと61日で年が明けます。マエダです。

いきなりですが、カウボーイはまだいるの?
答えはYes。

先日、知人からのご紹介で一夏の間カウボーイをされていた前田将多さんとお会いさせていただきました。
現在は大阪で「スナワチ」というレザー専門ショップを経営されています。
https://sunawachi.com/

snawachi
※ スナワチにて

前田さんについては、ぜひ「旅と思索社」様より出版されている「カウボーイ・サマー」をチェックしてみてください。

スナワチ店舗一角ではレザークラフツマンであられる後藤優太さんが日々良質なレザー製品を生み出しております。
その日僕は、後藤名人の新作コンパクト財布を購入させていただきました。

こちらの写真は大阪の高島屋さんでのOUGI Leathersさんの催事出店での様子。

催事出店に向けて製作されていましたが、伺わせていただいた日がなんと完成翌日だったこともあり初号機となる上記ツイートのお財布をゲットさせていただきました。

※ 催事会場にてその場で作っていただいたキーケースも一緒に。

本日2020年11月1日が天赦日ということで、出会ってから一ヶ月弱経ちましたがこちらのお財布を稼働開始いたします。
OUGI Leathersのロゴマークのように「末広がりに末永く」このお財布とお付き合いさせていただければと思います。

お気に入りのレザーとの出会いにスナワチさんまで足を運んでみてはいかがでしょうか。
ワンコのジョージくんもあたたかく出迎えてくれますよ😊


スナワチ WebSite Twitter
前田将多さん Twitter
OUGI Leathers WebSite Twitter
後藤優太さん Twitter