SketchプラグインのCraftでプロトタイプを作成してクライアントと共有しよう!

Craftとは

Craftとは、InVisionが提供するSketchとPhotoshop用の無料プライグインです。

プロトタイプを作成する他にも、SketchでUIデザインするときに便利な機能がたくさんあります!

プロトタイプの共有方法

1.  InVisionに登録し、Craftをインストールします。
インストール方法はこちらをご覧ください。

2. Craftを起動し、InVisionにログインします。

3. Sketchでリンクしたい要素をクリックし、キーボードの「C」を押します。
青い矢印が出てくるので、リンク先のアートボードを選択します。

4. アートボードをつなげたら、syncボタンをクリックします。 

5. 初回の場合のみ「Create new」を選択し、デバイスなどを設定します。
設定が完了したら「Publish」をクリックします。

6. InVisionの管理画面にアクセスすると、先程作成したプロトタイプがあります。(その他デフォルトに並んでいるのはサンプルです。)

マウスーバーをすると「SHARE」ボタンが表示されるので、そちらをクリックします。

7. 招待ウィンドウが開きます。通常に招待すると招待された方もInVisionにログインする必要があるのですが、下部にある「public share link」をクリックしたときにコピーされるURLを共有すれば、どのデバイスからでもプロトタイプを確認することができます。

共有されたプロトタイプにはコメントを残すことができます。

簡単ですが、Craftのプロトタイプの共有について紹介をいたしました。
Sketchがメインの制作環境の場合、Craftを活用するとプロトタイプの制作と共有が簡単にできそうですね!


面倒な事をシステムでなんとかする

弊社では勤怠システムがWEBシステムになっているのですが、忘れることがあったのでえいやーでなんとかしてみました。

・WEB上に勤怠システムがある
・emailアドレスとパスワードでログインする必要がある
・システムではlaravelのtoken処理が使われているらしく、cookieとtokenも一致させなければいけない
・Macの起動と終了で勤務時間とみなす
・自分しか使わない前提でとりあえず動くもの

ひとまず出勤と退勤処理をするためのプログラムを作成
できあがったものが以下

#!/usr/bin/env bash

function usage {
  cat <<EOM
Usage: $(basename "$0") [OPTION]...
  -h Display help
  -e VALUE E-mail address
  -p VALUE Password
  -t VALUE Type(start, end)
EOM

  exit 2
}

API_HOST='kintai-system-no-host-dayo'
_EMAIL=''
_PASS=''
_TYPE='start'

while getopts ":e:p:t:h" optKey; do
  case "$optKey" in
    e)
      _EMAIL="${OPTARG}"
      ;;
    p)
      _PASS="${OPTARG}"
      ;;
    t)
      if [ "x${OPTARG}" = "xstart" ]; then
        _TYPE='start'
      elif [ "x${OPTARG}" = "xend" ]; then
        _TYPE='end'
      else
        echo "-t ${OPTARG}: unknown type."
        usage
      fi
      ;;
    '-h'|'--help'|* )
      usage
      ;;
  esac
done


if [ "x${_EMAIL}" = "x" ]; then
  read -p "E-mail address: " _EMAIL
fi

if [ "x${_PASS}" = "x" ]; then
  read -sp "Password: " _PASS
fi

# cookieの保存場所
tmpfile=$(mktemp)

# トークンの取得
_TOKEN=$(curl -s -c ${tmpfile} https://${API_HOST}/login | xmllint --html --xpath '//*form/input/@value' - | grep value= | sed 's/[^"]*"\([^"]*\)"[^"]*/\1/g')

# ログイン
curl -L -b ${tmpfile} -c ${tmpfile} -d "_token=${_TOKEN}&email=${_EMAIL}&password=${_PASS}" https://${API_HOST}/login

# 出勤もしくは退勤
curl -L -b ${tmpfile} -c ${tmpfile} -d "_token=${_TOKEN}" https://${API_HOST}/dashboard/${_TYPE}/

exit

適当なファイル名eiya-de-kintai.shとして保存し、実行権限をつけておきます。

$ chmod +x ~/eiya-de-kintai.sh



実行するには以下のようにします。
出勤

$ ~/eiya-de-kintai.sh -e email@example.splout.co.jp -p password-desu -t start


退勤

$ ~/eiya-de-kintai.sh -e email@example.splout.co.jp -p password-desu -t end

プログラムの内容は
・curlでログインページの取得を行い、一時ファイルにcookieを保存
 同時にレスポンスbodyからxpathでinput要素のvalueにあるtokenを取得
・取得したcookieとtokenとメールアドレス(-e)とパスワード(-p)をログインページへPOSTし、ログイン状態のcookieを保存
・出勤もしくは退勤(-tで指定)のエンドポイントへログイン状態のcookieを使いtokenをPOST

ログイン判定してないとかcookieが残骸として残る等かなり手を抜いているがひとまず気にしない。徐々に手を加えていく予定。

Macの起動と終了で処理を走らせるには、「Macの起動=アプリケーションの起動」、「終了=アプリケーションの終了」とみなすことにし、作成したシェルスクリプトを呼び出すApplescriptを作成しました。

Macに標準で入っているスクリプトエディタを起動

↑こんなアイコン

以下のコードを記述

on run
	do shell script "~/eiya-de-kintai.sh -e email@example.splout.co.jp -p password-desu -t start"
end run

on quit
	do shell script "~/eiya-de-kintai.sh -e email@example.splout.co.jp -p password-desu -t end"
	continue quit
end quit

これを
 ファイルフォーマット:アプリケーション
 オプション:ハンドラの実行後に終了しない。
で保存します。

出来上がったアプリケーションをMacのログイン時に実行されるようにします。
「システム環境設定」にある「ユーザとグループ」を開き
「ログイン項目」へ作成したアプリケーションの登録を行います。

以上でとりあえずのものが出来上がりました。

Macを起動し、ログインすると自動で出勤処理が行われます。
Macの終了時には自動で退勤処理が行われ、何も意識しなくても勤怠処理が行われるようになりました。


そう、エラーさえなければ・・・

アカウント情報を平文で書いているとかApplescript使うならシェルいらないのでは?とかエラー処理されていないとか、実用するにはまだまだまだまだ改善すべき箇所が多く残っていますが、ひとまず目標は達成しました。


2019年から2020年へ

こんにちわ。
リエです。

あっという間に年末となりました。
毎年言っていますが、1年が経つのは本当に早いです。

2019年は新天皇が即位され平成から令和へと年号が変わりました。
変化が大きかった1年でしたね。

私自身も2019年は色々変化があり全然丁寧に生きることができなかったので、2020年は1つ1つの物事を丁寧にこなしていきたいと思っています。(なんか偉そうに言っていますが、朝今までより5分早くおきて丁寧にメイクするとかそんな次元の話です(^q^))

さて2020年は子(ねずみ)年。
子は十二支の1番目ですね。
植物が循環する様子を表している十二支の1番目に「子」がきているように、子年を植物にたとえると新しい生命が種子の中にきざし始める時期で、新しい物事や運気のサイクルの始まる年になると考えられているそうです。
参考サイト:https://allabout.co.jp/gm/gc/481263/

弊社も新しいものをどんどん生み出していきたいと思います。

弊社に関わってくださった皆さま。

本当にありがとうございました。
 
来年も何卒よろしくお願いいたします。


フォローしたくなる公式ツイッターアカウントってなんだろう


こんにちはデザイン〜最近マーケに関心が芽生えてきたヒロシです。

2019年現在、スマートフォンメディアにおける占有時間はテレビに肉薄しています。
メディア定点調査 – 博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所

2018年の資料ですが、スマートフォンにおけるインストールアプリのうちSNSなどのコミュニケーションアプリは6割超。SNSアプリで最も利用率が高いのはLINE、ついでツイッターとなっており、ツイッターの影響力はまだまだ十分にあるように思われます。
2018年版:スマートフォン利用者実態調査 – MMD研究所

InstagramやLINEは、一般ユーザーをロイヤルティユーザーに育てていくような、コミュニケーションをじっくり行う側面が強い一方、ツイッターは即時性や拡散力、いわゆるバズる力が大きいメディアなのでグロースという部分では外せないメディアになっています。

企業やサービスが公式アカウントで情報発信するのも当たり前になっていると思いますが、なかなか拡散されない、フォロワーが増えないとお悩みの担当者様もいらっしゃるかもしれません。ではどうすればいいのか?そもそもフォローしたくなる公式ツイッターアカウントってどういうものなのかを考えてみました。

ほどよいバカ(褒め言葉)を見極める力が求められる

公式となると会社の顔として発信するという意識が伴うので、リリース情報やキャンペーン一辺倒なツイート等どうしても固くなりがち。

もちろん、キチンと情報を発信することも大切ですが、そればかりでは面白味も何もありませんし、キャンペーンで一時的にフォロワーを増やしたとしても無味乾燥なプロモーションばかりではユーザーの心は掴めません。既に熱心なファンならそれでも情報を見てくれるかもしれませんが、時にはユーモラスなツイートも必要です。

何故ならツイッターのユーザー心理として、つねに面白いもの、クスッと笑えるようなものを求めているから。

もっと言うとそこに参加して、楽しみながらタイムラインを賑わせることができると100点でしょう。

最近ではペプシのプレゼントキャンペーンで本田圭佑選手とじゃんけんをする企画が顕著でしょうか。あそこまで大掛かりな仕掛けとなるとコストがかかりすぎてしまいますが、100点のレベルのイメージはあのような感じかなと思います。実際にかなりバズったはずですし、企業イメージを損なうばかりか逆に好感度向上に繋がったはずです。

面白い公式アカウントを真似していこう

では、具体的にどのようなことをツイートすればいいのか?

公式アカウントのPR手法は随分前から行われているので、既にユーザーから面白いと君臨しているアカウントが数多くいます。そういった成功事例をみて真似をすることが近道かなと思います。

・日清
・シャープ
・タカタ
・タカラトミー

このあたりはかなり有名ですね。「ツイッター公式アカウント 面白い」で検索するとすぐに記事がでてきます。日清さんなんてホントバカですねw真剣にバカをやってます。

日清UFO

東進ハイスクールとコラボした「日清ハイスクール」シリーズ

「サイン、コサイン、ラーマヨン!」もう意味がわかりませんwww

チキンラーメン(日清)

ひよこちゃんアカウントにいたっては、「ひよこちゃんの夢」と称してソシャゲに強引にタイアップを要求してたりしてました。(もちろん、既にタイアップありきでツイッター上での演出だと思いますが)

まとめ記事はこちら

https://www.inside-games.jp/article/2018/07/17/116182.html

シャープさん

シャープさんのアカウントなどが参考にしやすいかもしれません。基本的に自社製品の情報発信が中心ですが、「シャープさん」というアカウントのキャラクターが出来上がっているため、エゴサーチをしてユーザーさんのツイートを積極的にリツイートしたり、ちょっとした思いつきを言ったり、クスっとくるようなツイートが楽しい。リプ欄で丁寧に受け答えしてくれるのもファンからするととても嬉しいですね。

・シャープさんおもいつきツイート

社内の別チームに対してのツイート

時には生活の豆知識を

高度なテクニック

日清さんは全体的に悪ノリなのかネタなのかギリギリのラインで攻めてるような、もしかしたら踏み外しているんじゃないの?ぐらいの高度な戦略がすごいですね。ターゲット層が若年層中心というところが大きいと思いますが。

そういう意味ではタカラトミーさんも面白いです。

このあたりになると、よくこんなツイートが思いつくなと思います。

何故か花王のアタックさんとバトルが発生してしまっていますwww

これは担当者の単なる趣味ですねw

タニタさんはドラクエウォークにハマっている模様。

これはタニタ製で専用コントローラーを販売している、ドラクエウォークが位置情報ゲームで歩くことを目的としているからでしょうか

ちょっとおバカなツイートが目立ちますが、共通することは、少しでも「このアカウントはおもしろそうだな?」とか企業に対しての親近感を持ってもらうことが大事なんだと思います。

自社製品のアピールだけでなく業界の最新トピックスや、こういったネタツイート、プレゼント企画などを盛り込むことによって「血の通ったアカウント」にしていくことが大切です。

ネタの参考

「オフトゥン」という言葉をしっていますか?ツイッターユーザーはベッドや布団のことを「オフトゥン」という愛称で何故か呼びますw

シャープさんなら「寒くなってきました。オフトゥンが恋しい季節ですね。シャープのヒーターはいかがでしょう?」といった感じでつぶやきそうですね。

他にもツイッターでは、11月22日を「いい夫婦の日」みたいな、その日を〇〇の日としてネタにすることがよくあります。特に11月は「イイ」から始まるのでネタの宝庫月間!11月28日は「イイニーハイの日」だそうです。例えば、ドラッグストア等のアカウントなら「ニーハイ×薬」で、ブーツが似合う季節になったので、足の臭みを取る商品はいかが?みたいなアイデアにも繋がると思います。

こういったツイッター内の流行の流れを知ることも大切です。

まとめ

これはフォロワーの直接的な獲得方法ではありません。ツイートをバズらせてアカウントの認知度を上げる手法を考えるというニュアンスだと思ってください。

ツイートを出来るだけ拡散して認知度を上げる、そしてアカウント(のキャラクター性)を好きになってもらいフォロワー(ファン)を獲得する。ネタ的なツイートを楽しみにしてもらいつつ、しっかりと情報発信に繋げていこうという考え方。

ツイッターというメディアは古き良きウェブ文化の名残りがあり、ユーザーの主な世代も30~40代以下なので、いわるゆるギークが通用するし、ギークが好まれるように思います。(だからこそ分別のつかない若い世代がバカッターみたいなことやってしまうのも致し方ない側面かもしれません)

そんな中で仏頂面のアカウントにファンがつきにくいのは確かです。生真面目そうな公式アカウントだからこそ、逆にオフトゥンというだけでギャップが面白い。会社としての営業活動上おバカツイートは難しいかもしれませんが、時には中の人を感じさせるようなツイートがあると、味が生まれて営業感がなくなり親しみが持てるのかもしれません。

ツイッター内の文脈をよみ、自社のサービスや業界の情報をいかに交えていくかを考えてみるとよいかもしれません。やりすぎると中身のない只の胡散臭いアカウントになってしまうので、商品情報をきちんとアピールするなどバランスは大切にしてください。

ネタツイートのセンスはどうやって磨くか?それは個人アカウントでクソツイを量産してみてください(^o^)