個人的なリモートワークの流儀

こんにちは。まだまだコロナ禍の余談が許さない日々が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

ビジネスシーンでは、リモートワークが主流になりつつある中、自宅での生産性を如何に整えるかといった新しい働き方を模索することが重要になってきていますね。

ご家庭がある方は「仕事に集中できる自室を設ける」といった物理的に環境をつくることも重要ですし、オンとオフの境界線が曖昧になるので「自分の終業時間」などのマイルールを決めるなどの精神的な環境を決めることも大切です。

私個人的には、どうすれば「体を動かす」ことができるか、運動する時間が作れるかというのをあれこれ試しています。

体を動かすと集中力が高まる

何かを考えたりアイデアを出さないといけない時に、散歩をすると考えがまとまりやすかったりした経験はないでしょうか?

おいしいものを食べる、人と交流する、褒められるなどすると、側坐核からドーパミンが分泌され、報酬系に作用し、快感が生じます。運動も、ドーパミンの分泌量を増加させるもののひとつです。

集中力は、脳内の報酬系にドーパミンが作用して高まるもの。報酬系は快感を生じさせ、今やっていることに集中させます。その状態でほかの課題に取り組むと、高い集中力を発揮できるのです。

出展:じっとしていても集中力は上がらない。頭を動かす前にまず「体を動かす」べき理由|STUDY HACK

適度な運動は集中力を上げるということが科学的に実証されています。

リモートワークをするようになって思うのですが、これまで煩わしかったオフィスへの通勤も実は仕事モードになるために大切なことだったのではないか?適度に歩く、電車に揺られることが気持ちを切り替えたり、その日のタスクだったりを意識的にまたは無意識的に整理していたりしていたのではないかと。

近所の喫茶店などで仕事をする、個人的な仕事用オフィスを借りているケース以外では、リモートワークに「通勤」は発生しません。ですので、自宅で仕事に取り掛かる前やタスクの区切りなどインターバルに運動を取り入れていく必要があると思うのです。

一番簡単に考えつく運動としては、仕事前にラジオ体操をしてみたり、散歩やジョギング、筋トレといったエクスサイズを行うなどでしょうか。室内でできることはそのまま行えばいいと思うのですが、散歩やジョギングってこの酷暑の炎天下でやろうと思わないですよね。逆に体力を消費しすぎて仕事にならない。では、どうしたらいいのか?

仕事の合間に掃除する

外に出ないで運動するにはどうすればいいか?をあれこれ考えた結果、掃除って運動にならないかな?と思ったのがきっかけ。実践してみたら、これがなかなか良いです。例えば、
・食器を洗う
・洗面所の水垢などの掃除をする
・掃除機で床掃除
・キッチンの油汚れをクレンジングする
etc…

反復動作を伴う掃除作業の後って気持ちの切り替えが結構上手くいくみたいで、その後の作業に集中できます。15分~30分程度の掃除をすると当然汗をかきますし軽度な運動を行ったぐらいの感覚を実感できます。洗い物をしながらアイデアを考えたり、その逆何も考えないこともできますし、掃除をすることで部屋も綺麗になるので一石二鳥なんですよね。

仕事のタスクの区切りやちょっとアイデアが煮詰まったりした時に、散歩もいいですが掃除という選択肢を持っておくと、頭の中も部屋の中もスッキリして次の仕事に集中できてお勧めです。

仕事の合間に「掃除という運動」をする隙間時間を作っていく。仕事の流儀というと仰々しいですが(笑)こんなリモートワークのやり方があってもいいかなって思います。


PrometheusとAlertmanagerでSolrの異常を通知する

はじめに

前回の記事では Prometheus と Grafana による可視化を採り上げました。今回はさらに Alertmanager を組み合わせてメール通知を試してみました。

前回の続きで Solr と Prometheus と prometheus-exporter が動いている前提です。

Alertmanager のインストールと起動

$ wget https://github.com/prometheus/alertmanager/releases/download/v0.21.0/alertmanager-0.21.0.linux-amd64.tar.gz
$ tar zxf alertmanager-0.21.0.linux-amd64.tar.gz
$ cd alertmanager-0.21.0.linux-amd64
$ ./alertmanager --config.file=alertmanager.yml

今回はメール通知の動作確認用の alertmanager.yml を作成しました。メール以外にも Slack や Pushover など、様々な通知手段が用意されています。

global:
  resolve_timeout: 5m
  smtp_from: 'solr-alert@example.com'
  smtp_smarthost: 'localhost:25'

route:
  receiver: 'mail_test'

receivers:
- name: 'mail_test'
  email_configs:
    - to: 'alert-receiver@example.com'
      require_tls: false

Prometheus の設定

prometheus.yml でルールファイルを設定

rule_files:
  - "alert_rules.yml"

alert_rules.yml の内容

Solr の Ping API が正常応答しなかったら通知する設定です。

groups:
- name: sample_alert
  rules:
  - alert: solr_test_alert
    expr: absent(solr_ping) == 1
    for: 1m
    labels:
      severity: test
      test_type: SampleAlert
    annotations:
      summary: 'Solr Ping Error'

試してみる

正常な状態では、Prometheus の Alerts のページは以下のような表示です。

ここで Solr のプロセスを落としてみます。しばらく待つと異常を検知してPending状態に入ります。

このまま回復しなければメール通知されます。

受信したメールの内容です。

おわりに

簡単な例でメール通知できるところまで設定してみました。

Prometheus と Alertmanager の組み合わせでは、promQL による条件の記述や振り分けルールの設定などを使ってかなり複雑なこともできるようになっており、Solr 自体の監視だけでなく、インデックスの内容に基づいたアラートも可能です。


Solrのprometheus-exporterにメトリクスを追加する

はじめに

prometheus-exporter に付属の設定ファイル(contrib/prometheus-exporter/conf/solr-exporter-config.xml)には様々なメトリクスの設定例が記載されており、これとGrafanaを組み合わせれば、かなり便利なダッシュボードが作れます。

この記事では、デフォルトの設定に無いメトリクスを自分で追加する場合の設定方法を試してみました。

solr-exporter-config.xmlの内容

SolrのどのAPIを使うかに応じて4つのセクションが用意されています。

  • <ping> PingRequestHandler へのリクエストを利用します
  • <metrics> Metrics APIを利用します
  • <collections> Collections APIを利用します
  • <search> 検索リクエストを利用します

たとえば <ping> セクションは以下のように定義されています。

    <ping>
      <lst name="request">
        <lst name="query">
          <str name="path">/admin/ping/</str>
        </lst>
        <arr name="jsonQueries">
          <str>                                                                                                         
            . as $object | $object |                                                                                    
            (if $object.status == "OK" then 1.0 else 0.0 end) as $value |                                               
            {                                                                                                           
              name         : "solr_ping",                                                                               
              type         : "GAUGE",                                                                                   
              help         : "See following URL: https://lucene.apache.org/solr/guide/ping.html",                       
              label_names  : [],                                                                                        
              label_values : [],                                                                                        
              value        : $value                                                                                     
            }                                                                                                           
          </str>
        </arr>
      </lst>
    </ping>

name=”path” でリクエスト先のパスを指定しています。

ping リクエストの応答をどのように加工するのかを指定しているのが、name=”jsonQueries” の下の str タグに囲まれた領域です。jq クエリが使われているので jq コマンドで動作確認できます。

$ curl --user solr:SolrRocks -s 'http://localhost:8983/solr/test_shard1_replica_n1/admin/ping/' |jq '            . as $object | $object |
>             (if $object.status == "OK" then 1.0 else 0.0 end) as $value |
>             {
>               name         : "solr_ping",
>               type         : "GAUGE",
>               help         : "See following URL: https://lucene.apache.org/solr/guide/ping.html",
>               label_names  : [],
>               label_values : [],
>               value        : $value
>             }
> '
{
  "name": "solr_ping",
  "type": "GAUGE",
  "help": "See following URL: https://lucene.apache.org/solr/guide/ping.html",
  "label_names": [],
  "label_values": [],
  "value": 1
}

searchメトリクスを追加してみる

単純な例ですが、全件検索(‘*:*’による検索)のヒット件数をグラフにしてみます。

solr-exporter-config2.xml に以下を追加します。

    <search>
      <lst name="request">
        <lst name="query">
          <str name="collection">wikipedia</str>
          <str name="path">/select</str>
          <lst name="params">
            <str name="q">*:*</str>
            <str name="start">0</str>
            <str name="rows">0</str>
          </lst>
        </lst>
        <arr name="jsonQueries">
          <str>
            .response.numFound as $value |
            {
              name         : "solr_num_wikipedia_entry",
              type         : "GAUGE",
              help         : "number of wikipedia entry",
              label_names  : [],
              label_values : [],
              value        : $value
            }
          </str>
        </arr>
      </lst>
    </search>

ここで指定した内容は、実際には以下のような検索リクエストになります。

$ curl --user solr:SolrRocks -s 'http://localhost:8983/solr/wikipedia/select?q=*:*&start=0&rows=0'
{
  "responseHeader":{
    "zkConnected":true,
    "status":0,
    "QTime":0,
    "params":{
      "q":"*:*",
      "start":"0",
      "rows":"0"}},
  "response":{"numFound":2264810,"start":0,"numFoundExact":true,"docs":[]
  }}

jq クエリによる加工結果は以下の通りです。

$ curl --user solr:SolrRocks -s 'http://localhost:8983/solr/wikipedia/select?q=*:*&start=0&rows=0' |jq '.response.numFound as $value |
>             {
>               name         : "solr_num_wikipedia_entry",
>               type         : "GAUGE",
>               help         : "number of wikipedia entry",
>               label_names  : [],
>               label_values : [],
>               value        : $value
>             }
> '
{
  "name": "solr_num_wikipedia_entry",
  "type": "GAUGE",
  "help": "number of wikipedia entry",
  "label_names": [],
  "label_values": [],
  "value": 2264810
}

prometheus-exporter によって以下のような Prometheus フォーマットに変換されます。

$ curl -s http://localhost:9854/|grep solr_num_wikipedia_entry
# HELP solr_num_wikipedia_entry number of wikipedia entry
# TYPE solr_num_wikipedia_entry gauge
solr_num_wikipedia_entry{zk_host="localhost:9983",} 2264810.0

ここまで来れば、グラフ化するのは簡単です。下の画像は、データインポートハンドラでWikipediaの日本語全記事を投入したときの、記事数の変化をグラフ化したものです。


Macでスタイル(書式)なしペーストを簡単に実行したい

こんにちわ。
リエです。

PCでお仕事しているとショートカットキーをよく使います。
その中でも軍を抜いて使うのが「command + C(コピー)」と「command + V(ペースト)」です。


スタイル(書式)*以下スタイル なしでペーストしてほしいのですが、Macで「command + V」ペーストをすると、コピー元のスタイルを引き継いでしまうことがあります。

これが非常に嫌なのです!!!
なんでスタイルなしでペーストしてくれないのかといつも思っていました。

もちろんスタイルなしでペーストする方法はあります。
それは「ペーストしてスタイルを合わせる」を実行するのですが、ショートカットキーが「command + shift + option + V」とかなり多い。指つるわ。

もっと簡単な方法はないかなとググると素敵な記事発見。
素敵記事:https://decoy284.net/mac-command-v-paste-and-match-style/#:~:text=%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E7%92%B0%E5%A2%83%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%82%92%E9%96%8B%E3%81%8D,%E3%81%A7%E8%B2%BC%E3%82%8A%E4%BB%98%E3%81%91%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

設定方法は以下です。
※私はめんどくさがりなので、画像無しでの説明です。
素敵記事は画像ありで説明してくださっているので、画像ありで設定方法を見たい方はそちらをご参照ください。
1.システム環境設定を開き、キーボードを選択。
2.ショートカットタブのアプリケーションに移動し、「+」をクリック。
3.メニュータイトルに「ペーストしてスタイルを合わせる」を入力、キーボードショートカットで「command + V」を押し、追加をクリック。


たったの3ステップで完了です。
これでスタイルなしでペーストしてくれるようになり、小さなストレスが無くなりました。

記事作成者さんありがとうございました👏


iPad版Adobe Illustrator使ってみた

こんにちは、デザイナーのはなです。

大学入学の際に買った私用PCがもうだいぶ古くなって来ており、いつ突然死してもおかしくないなと怯えています。

ですが、現在趣味のイラスト制作はほぼすべてiPad版CLIP STUDIO PAINTを使っており、まれにロゴなどが必要になったときにイラレで制作する用途ぐらいにしか私用PCは使っていません。

正直ヘビーに使っているのはiPadだし、新しいPCを買うお金があるならiPadProの12インチのやつがほしいけど、PCが完全に死んでイラレが使えなくなるのも困る…

そんな葛藤をしていた折、そのうち出るらしいとうわさに聞いていたiPad版Illustratorがリリースされたので、試しに使ってみました。

タッチショートカット機能

起動して、最初になんだこれは?と思ったのが、左側に置かれている白い丸です。

これはタッチショートカットという名前だそうです。

特に説明や詳しいチュートリアルはありません。Adobeって感じですね。

さわってみると割とすぐに気が付きますが、この白い丸は、だいたいshiftキーとcommandキーの役割を持っています。

わかりやすい例を出すと、四角形を描画する際、長方形ツールを使うと縦横比自由な長方形が作成できますが、この白い丸を押しながら長方形ツールを使うと、はじめから縦横比が固定された正方形を作ることができます。

一回押すとshiftキー、押した状態で丸の外側に指を若干スライドさせるとcommandキーのような働きをするようです。

(どのツールでどんな働きをするかは、アプロケーション設定の「タッチショートカット機能をすべて表示」で確認できます)

PC版Illustratorを使ったことのある人なら、どのツールでどういう風にタッチショートカットを使えばいいかはすぐ理解出来ると思いました。

ただ、Illustratorを全く使ったことのない人だと、そもそもこの白い丸が何のために存在しているのか理解するのが慣れるまで少し大変そうだなと感じました。

また、この丸は好きな場所に移動させることができます。

私は左利きなので、空いた右手でこの機能を使うため、右側に設置しています。

下の方に置いたり上の方に置いたり、自分の使いやすい場所にこのボタンを設置できるのはかなり便利だなと思いました。

また、UNDO機能は二本指で画面タップ、REDO機能は三本指で画面をタップすると使用できました。

こちらも特に説明はありませんでしたが、CLIP STUDIO PAINTと同じだったのですぐ使うことができました。

タッチショートカット機能があれば左手デバイスなしでも十分使いやすいと感じました。

ツール

細かいですが何気に感動したのが、重ね順入れ替え機能です。

画面の狭さ的にレイヤーを常に表示させて置くのが難しいため、重ね順をレイヤーの方で気軽に入れ替えるのが難しいのですが、レイヤーを表示させずともかんたんに重ね順を入れ替える事ができます。

このバー上の丸を左端に一回動かすと、重ね順が一つ下がり、右端に動かすと一つ上がります。

(よく考えるとここのUIバー状にする必要あったのか…?とも思わないでもないですが…)

また、ロックや線幅変更、オブジェクト複製も各オブジェクトを選択してアイコンをタップするだけで簡単に使用できます。

私はPC版Illustratorでも最低限のもの以外はショートカットがなかなか覚えられず、特に重ね順変更などは毎回このへんだったかな?と勘でショートカットを押して最終的にレイヤーの方で動かしているので、アイコンを覚えたら使えるこちらのほうが使いやすくて助かります…

ブラシ機能

マウスで頑張って描くかペンタブを繋がないとほぼ使えなかったブラシ機能ですが、ApplePencilで直接描画できることにより、大幅に使いやすくなっています。

このようにクマの半分ぐらいを塗って一旦ペンを離しても…

続きを塗ると一つのオブジェクトになります。

これにより、かなり直感的に色面を作成することができるなと感じました。

総合的な所感

大体10分ぐらいで描いた絵

・PC版Illustratorよりも、お絵かきソフトとして直感的につかいやすくなっていると感じた

・左手デバイスはなくても全然使えそう

・ショートカット覚えられない人間はだいぶ助かる

・Illustrator初心者ならもしかしたらiPad版から入ったほうが早く使いこなせるようになるかもしれない

・スポイトツール押したときにアイコンの方も変化あってほしいなとか、画面右上のツールも設定で左側に移動させられたらいいのにとか細かい不便さはちょいちょいあるものの、致命的に不便なところは特に無いように感じた

正直iPad版Illustratorにはあまり期待していなかったのですが、私の期待度を大幅に超えて、なんならPC版より好きまであるなと思えるほどでした。

しばらく新しいPCは買わなくてよさそうです…