カテゴリー: その他

読みやすい文章を組み立てる3つの法則

 

こんにちは。
デザイナーのLQヒロシです。

 

以前、読みやすい(分かりやすい)文章書くためのちょっとしたコツをご紹介しました。「かかる言葉と受ける言葉をなるべく近づける」というものです。単語間での修飾・被修飾関係を正しく配置しようというものでした。

 

今回はその第二回。より踏み込んで、読みやすい文章の組み立て方を考えてみようというものになります。例によってこちらの本を参考にしております。

新装版 日本語の作文技術

新装版 日本語の作文技術 本多勝一(著)

 

 

前回の内容はこちらからご覧いただけます。

読みやすい文章を書く、ちょっとしたコツ

 

読みやすい文章には組み立てる順番がある

 

(1)節を先に、句をあとにする

(2)長い修飾語ほど先に、短いほどあとにする

(3)重要な内容ほど先にする

 

これが3つの法則です。

「節」や「句」といった馴染みの薄いワードがでてきましたので、まずはこちらから説明していきます。

 

・「節」:1個以上の述語を含む文のかたまり
・「句」:述語を含まない文の最小単位(フレーズ)

これらの語法は、言語学者によって定義が異なるようですが、本記事は本多勝一氏の定義する用法に沿って進めていきます。

それでは(1)はどういうことになるのでしょうか。

(1)節を先に、句をあとにする

 (例1 ※P70抜粋)

 

この3つの言葉をひとつにまとめて、「紙」という名詞にかかる文を作るときの組み合わせを考えてみます。

 

A. 白い横線の引かれた厚手の紙
B. 厚手の横線の引かれた白い紙
C. 白い厚手の横線の引かれた紙
D. 横線の引かれた白い厚手の紙
E. 横線の引かれた厚手の白い紙
F. 厚手の白い横線の引かれた紙

 

ABは、「白い横線」または「横線が厚手」であるかのように捉えられる恐れがある。CFも「厚手の横線」「白い横線」にかかるような違和感があり、理解するのに時間がかかる。DEなら誤解なく読むことができる。

 

では、DEの違いはどこにあるのでしょうか。

 

それは「横線の引かれた」(節)が先にあり、「白い」「厚手の」(句)があとにあること。ABを見れば、「横線の引かれた」という節が、「白い」または「厚手の」という句のあとにくると、修飾は節の中の先の方の名詞「横線」だけにかかってしまうことがお分かりいただけるかと思います。

(2)長い修飾語ほど先に、短いほどあとにする

 

(1)の例では節がひとつだけでしたが、複数ある場合にどう組み立てるかを考えてみます。


 (例2 ※P74)


これに次のような修飾語をつけて語順を組み合わせてみます。

 (例3 ※P75、76)

 

① Aが私がふるえるほど大嫌いなBを私の親友のCに紹介した。
② Aが私の親友のCに私がふるえるほど大嫌いなBを紹介した。
③ 私がふるえるほど大嫌いなBAが私の親友のCに紹介した。
④ 私がふるえるほど大嫌いなBを私の親友のCAが紹介した。
⑤ 私の親友のCAが私がふるえるほど大嫌いなBを紹介した。
⑥ 私の親友のCに私がふるえるほど大嫌いなBAが紹介した。

 

この中で④が最も自然でわかりやすい文章であることがお分かりいただけると思います。

 

私がふるえるほど大嫌いなBを私の親友のCAが紹介した。

 

図解にしてみると以下のようになります。

 

 

「日本語の作文の技術」では、複数の例を挙げ、類似性をより事細かに検証しています。興味があればご一読いただくことをオススメします。著書では以下のように結ばれています。

 

ケースによって他のさまざまな要因がからんでくる。しかしこの原則は、物理的な単なる「長さ」だけの問題であるにもかかわらず、文のわかりやすさ・自然さを決めるための最も重要な基礎となすものといえよう(※P82

 

(3)重要な内容ほど先にする

 

節が複数あり、さらにその節の長さが同じ(対等)である場合はどうするのか?これが最後の法則になります。

 

① 初夏の雨がもえる若葉に豊かな潤いを与えた。
② 初夏の雨が豊かな潤いをもえる若葉に与えた。
③ もえる若葉に初夏の雨が豊かな潤いを与えた。
④ もえる若葉に豊かな潤いを初夏の雨が与えた。
⑤ 豊かな潤いを初夏の雨がもえる若葉に与えた。
⑥ 豊かな潤いをもえる若葉に初夏の雨が与えた。

(例4 P78

 

「初夏の雨が」「豊かな潤いを」「もえる若葉に」も節の長さが同じなので、どれが分かりやすいかを決めるのが難しくなります。著書を参照してみると

 

「初夏の雨」が全体の中で占める意味が最も重く、大きな状況をとらえている。しかし「豊かな潤い」は、「初夏の雨」という状況の中での小さな状況であり、「もえる若葉」のさまざまなありようの中の、ひとつのあらわれ方にすぎない。(※P88

 

という考察があり、最良の語順は以下になります。

 

初夏の雨がもえる若葉に豊かな潤いを与えた。

 

まとめ

 

第一の法則「節を先に、句をあとにする」

第二の法則 「長い修飾語ほど先に、短いほどあとにする」

第三の法則 「重要な内容ほど先にする」
(大状況から小状況へ、重大なものから重大でないものへ)

 

以上、ざっと進めてきました;
ボリュームがあるので説明が不十分なところもあるかと思いますが、そこは本多氏の著書をご覧いただければと思います。いずれの法則も「かかる言葉と受ける言葉をなるべく近づける」ための方法なのかなと考えることができそうです。

 

上記の法則を意識することで文章がより分かりやすくなることが、何となくでもご理解いただければ幸いです。

 


休日に聴きたいリラックスできる音楽7選

 

こんにちは。デザイン担当のLQヒロシです。

まだまだ寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
スプラウトブログに訪問される方の中には日々の業務に精を出しているひとも多いのではないでしょうか。

今回の記事は少し肩のチカラを抜いて、休日に聴きたいリラックスできる音楽を紹介したいと思います。日頃の疲れを癒していただければ幸いです。

 

 

1.Nulbarich – It’s Who We Are

 

ソウル、アシッド・ジャズのグルーヴを軸に枠を作らないスタイルで唯一無二のグルーヴを奏でるNulbarich(ナルバリッチ)。こちらの曲はMaroon 5やColdplayを彷彿するメロディライン、jack johnsonのサーフ系の手触りも感じる休日にもってこいの爽やかな1曲です。

 

 

 

2.Suchmos  –  YMM

 

Honda「VEZEL」をはじめ様々なCMにタイアップされ、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの横浜出身のバンドSuchmos(サチモス)。こちらもソウル、アシッド・ジャズやHIP HOPをベースにした音楽性が特徴。ボトムが効いたグルーヴにオリジナル・ラブのようなニヒルなボーカルがかっこいい、エッジの効いたサウンドに心がたかぶります。

 

 

 

3.LUCKY TAPES – Gun

 

こちらはもっとサーフよりなサウンドが心地よすぎるLUCKY TAPES(ラッキーテープス)の1曲。ホーン・セクションが入っているのが珍しいですね。ボッサやスカ・レゲエ的な要素も感じられて、昔の裏原っぽさも懐かしいメロディに心が躍る楽しくなる1曲です。

 

 

 

4.SPECIAL OTHERS – Good morning

 

泣く子も黙るチルアウトサウンドの大御所SPECIAL OTHERS (スペシャルアザーズ)ことスペアザ。万華鏡の様なキラキラした音像は、曲名の通り休日の朝にピッタリ!この曲で1日を始めたいですね〜。

 

 

 

5.José González – Far Away

 

ここいらで外タレをご紹介。スウェーデン出身のJose Gonzalez(ホセ・ゴンザレス)。2013年、ベン・スティラー主演映画「LIFE!」の主題歌「Step Out」で有名です。ほぼギターと歌だけでどうやってこんなに深くてきらめく音になるのか意味がわかりません。思わず寝落ちしてしまいます。
サイドプロジェクトの「Junip」もオススメ。

 

 

 

6.Foals – Spanish Sahara

 

お次も外タレ。イングランド、オックスフォード出身の五人組インディー・ロックバンド「Foals」(フォールズ)。アンビエントなイントロから始まり、中盤から徐々にホワイトノイズのようなエモーショナルな盛り上がりを見せる名曲。このあたりは夜にじっくりと聴きたいですね。

 

 

 

7.キリンジ – エイリアンズ

 

説明不要の名曲。最近、何かのCMでかかっていて思わずCDを引っ張り出してしまった口です。完全に夜の曲ですね。何も考えずに魔法にかかってしまいましょうw

 

 

 

 

以上、ボトムとかエッジとかグルーヴとか連呼していたら恥ずかしくなってきたのでこのあたりでおしまいにしておきます。それでは素敵な週末をお過ごしください。

 

 


江戸堀周辺のランチおすすめ

お昼は外食のカツラです。

さすがに3年近くも同じところにいると大体お昼に行く店は決まっていますが、それでも1、2週間に1度ぐらいのペースで新しいお店を開拓していってます。

生きるということは食べるということ。
どうせ食べるなら美味しいほうがいい!
ということで会社がある江戸堀周辺の個人的にオススメのお店を2つ紹介したいと思います。

1つ目は「いちごはん」
お昼に適当に彷徨いつつ小道を見つけて入ったところにあったお店。https://tabelog.com/osaka/A2701/A270102/27072138/

食べログのほうのランチメニューは古いっぽいですが、現在のランチメニューはこちら。
・鯖の塩焼き定食 750円
・豚丼定食 850円
・日替わり 850円


鯖の塩焼き定食も豚丼定食も両方とも美味しいです。
会社からは少し歩くので最近寒くて足が遠のいていましたが、焼き魚か豚丼が食べたくなったらまずこのお店に行きます!

 

2つ目は「グリル ピエロ」
 
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270102/27002771/

ここは基本開店前から人が並んでます。
おじいちゃんとおばあちゃんがやっているお店で、大体行列なので時間がある時かたまに空いている時しか行けませんが、ここら周辺で美味しいハンバーグが食べたくなったらここに行きます!

以上、個人的にオススメなお店でした!

新しいお店は検索か足で回ってお昼に探していますが、ランチに特化したアプリやサービスが欲しいと思う今日この頃。
日替わりが分かったり、今開店している時間で絞り込めたりと、食べたいもので絞り込めたりできるものが欲しいです。


読みやすい文章を書く、ちょっとしたコツ

 

こんにちは。
デザイナーのヒロシです。

 

メールやプレゼン資料・オウンドメディア記事の作成など、文章作成は日々の業務に付いてまわるもの。少しでも分かりやすい文章を書きたいものですが、苦手意識を感じる方も多いのではないでしょうか。

 

日本語ってムズカシイ。
かくいう私もそのひとり。

苦手意識をなくすために、今回、このような本を手に取ってみました。

 

新装版 日本語の作文技術
新装版 日本語の作文技術 本多勝一(著)

 

文章作成やライティングなどのキーワードで本を探したりしていると「読まれるため」の方法はよく見受けられます。以下のような感じ。

 

・読み手を意識した主題や構成を考える
・語彙力を豊富にして表現方法を高める
・ブログ記事ならばキーワード選別(SEO対策)etc…

 

それはわかってるんですよね!
私が知りたいのは文をどう書くのか?
どう言葉を回したらいいのかが知りたいんです!

 

なんて時にこちらの本が参考になります。
厳密に言うと、文章の作り方ではなく分かりやすい文の作り方、いわゆる作文の技術になるみたいです。
本記事では、こちらの本から、すぐに使えて効果がありそうなトピックスをひとつご紹介しています。

 

多くの人に読まれる文章を書きたい!記事のPVを上げたい!という方は、他の記事をお探しくださいw

 

かかる言葉と受ける言葉をなるべく近づける

 

当たり前のことなんですけどね。でも、普段から意識してますか?

たったこれだけを意識するだけで見違えるように文章が分かりやすくなります!

例えばこちらの一文。

 

【1. 入れ子のケース】

 

私は小林が中村が鈴木が死んだ現場にいたと証言したのかと思った。(P.42)

 

極端な例です。一読しただけでは分かりませんね。はい。でも文法的には間違っていません。

「私は…思った」の間に、修飾語・被修飾関係にある言葉が何重もの入れ子になっています。

この文を、一切の言葉に変更を加えず、機械的に位置を変えるだけで分かりやすくすることができます。

 

 

このようにかかる言葉(修飾語)と受ける言葉(被修飾語)を近づけることでぐっとわかりやすくなります。

 

【2. かかる言葉があいまいのケース】

 

とても美人だとは言えない(P.40)

 

第一感としては特に問題のなさそうな文ですが。。。

 

これは「到底、美人であるとは言えたものではない」の意味と「非常に美人だ、とは言えない」の二つの意味に捉えることができてしまい、文法的にあいまいさが見受けられます。
もし文を直すなら、「非常に」の意味であると捉えて(普通に考えると、「到底」の意味であればこのような文にはなりにくい)…

 

美人だとはとても言えない(P.40)

 

「とても」を「言えない」と近づければ明瞭な文になります。

 

このように、文章を読んでいて一読しても分かりにくい、なんだか引っかかるという場合の多くは修飾語と被修飾語のいち関係が問題だったりします。

 

【3. 複合の場合】

 

二日未明、東京都三鷹市のマンションで、部屋に充満していたプロパンガスが爆発して四人が重傷、三十二人が飛び散ったガラスの破片などで一〜二週間のけがをした。(『朝日新聞』1974年10月2日 夕刊9ページ)| (P.45)

 

特別わかりにくい文ではありませんが、それでも「三十二人が飛び散った…」のところは一瞬引っかかりがあります。まるで人間が飛び散ったかのように捉えることもできる。「三十二人」が実は「一〜二週間のけがをした」にかかっていることを理解するのには、瞬間にせよ途中で読みかえす必要があります。

 

これを抵抗なく読めるようにするために修飾語の位置関係を調整してみます。

 

…四人が重傷、飛び散ったガラスの破片などで三十二人が一〜二週間のけがをした。 (P.45)

 

としてみました。しかし、「一〜二週間のけが」をした人はガラスの破片によるものですが、重傷の四人は何によるものかは明確になっていません。爆風とも考えられますが、「ガラスの破片など」というのだから、「ガラスの破片などで」は重傷者も修飾すべきと考えます。

 

…プロパンガスが爆発して、飛び散ったガラスの破片などで四人が重傷、三十二人が一〜二週間のけがをした。 (P.46)

 

いかがでしょうか?かかる言葉と受ける言葉の位置で読みやすさや受け取る意味の明瞭さが変わることが理解いただけたかと思います。

 

 

 

新聞の社会面トップ記事でもこのようなことがあります(文字制限の関係もあるかと思いますが。。)。ちょっとしたことで随分と分かりやすさが変わってくるので、文章を作成する際、読む際にも十分気をつけていきたいですね。

 

今回、紹介しました「日本語の作文技術」では、修飾語の位置以外にも「テニヲハ」の使い方など、明確な作文技法やルールが述べられていますので、文章作成に苦手意識のある方はご一読してみてはどうでしょうか。

 

また機会があれば、修飾する順番や句読点の打ち方など紹介したいと思います。

 


ドラムはじめました

顎関節症の疑いを抱えながら生きているマエダです。
 
超個人的なことなのですが、何を思ったかドラムをはじめました。

写真はレッスンで使用させていただいているドラムです。
 
バンドする予定も願望もありません。
ミッドライフ・クライシスでしょうか。
 
 
16年前にROCK IN JAPAN FESTIVALで聴いたSUPERCARのツインドラムが忘れられません。
ただただカッコよかった。
 
 
ドラム叩けるとモテそうなので頑張りたいと思います。爆