カテゴリー: その他

YouTubePremiumとマヌルネコぽんはかわいい

みなさん、YouTubeは日々どの程度利用されているでしょうか。

最近の私はPCを触っている時間と同じくらいYouTubeを再生していますので、そろそろYouTubeヘビーユーザーを名乗ってもいいんじゃないかと思っています。

YouTubeには日頃から大変お世話になっており、今後の益々の発展をお祈りしたいという気持ちを込めてYouTube Premiumに入ってみました。

YouTube Premium – YouTube

Y⁠o⁠u⁠T⁠u⁠b⁠e⁠と Y⁠o⁠u⁠T⁠u⁠b⁠e M⁠u⁠s⁠i⁠c⁠を広⁠告⁠な⁠し⁠で⁠。Y⁠o⁠u⁠T⁠u⁠b⁠e O⁠r⁠i⁠g⁠i⁠n⁠a⁠l⁠s⁠に⁠も⁠ア⁠ク⁠セ⁠ス⁠。

https://www.youtube.com/premium/

ピクチャーインピクチャー

YouTube Premiumに入ると、スマートフォンのYouTubeアプリに隠された真のPOWERが発揮されます。

それが、ピクチャーインピクチャーです。

判別しにくいかもしれませんが、モールス信号を入力するアプリの上に小さいプレイヤーが表示されYouTubeが再生されています。

これは、YouTube Premiumが売りにしているバックグラウンド再生とは別で、アプリを閉じてミニプレイヤーを表示することができるようになる機能です。

基本的にこのミニプレイヤーは他のアプリの前面に表示され、ドラッグによって位置を移動することができます。

使用例

  • 画像のように、モールス信号を打ちながらマヌルネコを眺める。
  • 電子書籍を読みながら YouTube ストリームを視聴する。
  • SHOWROOMとYouTubeを同時に再生。

なんということでしょう。

正に、ヘビーユーザー向けの機能です。

この機能を見たとき、なぜこの機能をTOPに記載しないんだ!と思ったものですがヘルプを見ると、

現在のところ、ピクチャー イン ピクチャーをご利用いただけるユーザーは次のとおりです。
Android モバイル デバイスをご利用の、全世界の YouTube Premium メンバー
米国の Android ユーザー(Android Oreo 以降を搭載し、広告を表示可能な PIP 再生に対応していること)

特定の端末でピクチャー イン ピクチャーを使用する – Android – YouTube ヘルプ
https://support.google.com/youtube/answer/7552722

Android限定。

対応する環境は次第に拡大していくのだと思いますが、iPhone優勢な現在の日本では、これくらいの扱いが妥当なのかもしれません。

お値段について

高いか安いかといえば、安くはないと思います。

ですが、Google Play Musicがついてきますし、YouTube Musicもついてきます。付け加えるなら、動画の広告もなくなります。

全ての人にお勧めできるわけではありませんが、YouTubeが生活の一部となっている人、更なる上の動画視聴者を目指す人にはかなりお勧めできます。

私は YouTube Premiumを存分に堪能できています。

お借りした動画

2019/4/23 は国際マヌルネコの日でした。


アプリを探すならApplivがめっちゃ便利

こんにちわ。
リエです。

先日Applivというサイトで弊社サービスの【HASH】を掲載いただきました。+゚(*´∀`*)。+゚
https://app-liv.jp/1368925370
※ Applivさんありがとうございます!

Applivは欲しい・役立つiOSアプリ(iPhone・iPad)をレビューやおすすめランキングから見つけることができるサービスです。


「ゲームアプリを探しているけど、どんなアプリをダウンロードしていいかわからないなぁ・・・」と思ったらカテゴリのゲームをチェックすれば、すぐにアプリを探すことができます。
カテゴリはランキング形式になっていて、表示も[すべて][無料][新作]と変更でき、さらには[すべて]を選択すると、おすすめ順と利用者が多い順に並び替えできるのです!便利〜(・∀・)

掲載されているアプリはアプリ詳細ページからレビューすることもできるので、他の人のレビューを参考にすることもできます。
実際アプリを使っている人のレビューって、参考になりますよね。
わたしはレビューはめっちゃ読んで参考にするタイプです。(だって気になりません??)
なので他の人の参考になればいいなとレビュー投稿は結構するのですが、アカウント登録があるとめんどうでやっぱやめようと思うことも度々・・・。
でもApplivはアカウント登録しなくてもレビュー投稿ができちゃいます。
個人的にはそれって気軽にレビューできるのでハードルが低くていいなぁと思いました。

これからもアプリを探したい時はApplivを活用しようと思います。


江戸堀周辺のランチおすすめ2

お昼は毎日外食のカツラです。

去年のこの時期ぐらいに会社周辺のランチおすすめを投稿したので2です。
https://blog.splout.co.jp/4672/

どうせ食べるなら美味しいものがいい!ということで今も新しいお店を開拓していっていますが、基本的には会社前が近くて楽なので週1、2ぐらいしか他の店に行っておりません。
その中でも定期的に行ってるおすすめのお店を2つ紹介します。

1つ目は「Bullet」

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270102/27067203/

麻婆豆腐・週替わりランチ ともに1000円

ここら近辺のランチとしては価格は少し高めですが、麻婆が食べたくなったら迷いなくここに行きます!

前菜 周辺の店の前菜の中では一番好き
麻婆 そこそこ辛めで美味しい

また週替わりランチは他のお店と違って同じものがほとんど並びません!
なのでおいしそうな週替わりをこちらのインスタで見かけたら食べに行きます!
あと12時近辺は人が並んでることがあるので12時半過ぎに行くと大体さっと入れます。
https://www.instagram.com/bullet_higobashi/

2つ目は「asse plus」

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270102/27010938/

本日のパスタランチが900円

こちら1つ目の「Bullet」に比べるとそこまで押すわけじゃないですが、パスタを食べたくなったらここに行くぐらいにはおすすめです。

前菜
メイン

以上、個人的にオススメなお店でした!

消費税増税で価格が高くなったらどうしようかと思案中…
最悪外食の頻度を下げてでも質は下げたくない今日この頃です。


Apple Watchのある生活

 

こちら、新旧のAppleWatchを並べてみました。

左が新(44mm)右が旧(38mm)です。

 

そう、私2台持ちなんです。古いほうも運動するときとか寝ている時のデータ取得用として活躍しています。

 

 

私はおととしくらいからAppleWatchを使っていて、最初はiPhoneの通知を見逃さないから便利だなとか、ApplePayで買い物が出来るのが便利だなとか、そんな感想でした。そして

 

「これしばらくしたら飽きるかもな。。。」

 

とも思っておりました。

 

しかし2年経過した今、ほぼ24時間着用するヘビーユーザーになっていまして、外すのは入浴時くらいです。

 

 

こんなにヘビーユーザーになった理由は、「アクティビティ」アプリの存在です。

AppleWatchに最初からインストールされています。

 

  

 

 

心拍計、GPS、モーションセンサーを駆使してヒトの活動をトラッキングする、いわゆる活動量計機能で、消費カロリー・エクササイズ時間・立った回数、などを常にAppleWatchに表示させることが出来ます。そして1日の目標に満たないときは何回もお知らせしてくれたり、目標達成するとお祝いのメッセージが表示されたりします。

 

これが地味にウレシくなってきて(笑)、とにかく毎日の目標を達成しようと1駅手前で降りて歩いてみたり、バスに乗らないで歩いてみたりと、徐々に運動が習慣化されるようになり、今ではほぼ毎日目標達成、休日も欠かさず運動するようになってきています。

 

また私のように2台使っていても、iPhoneを介して自動でデータは統合されますし、その他の諸々もiPhoneとペアリングするだけで大した設定もせずにいい感じにやってくれます。

AppleWatchは他の活動量計と比べて安くはないものなのですが、私の運動習慣を支えるデバイスとして欠かせない存在になってしまいました。

 

 

iPhoneをお使いの方でなんとか運動習慣を定着させたいと思っている方にはぜひ使ってみてもらいたいとオススメできるデバイスです。

最新型は5万円くらいしますのでちょっとお高いのですが、、、これで運動習慣が定着するなら安いものじゃないかな、と思いますよw

 

 


うっかり人間なので生活の中にTodoistを導入した

こんにちは、二年目デザイナーのはなです。

私事ですが、 10月の頭から一人暮らしをはじめました!

料理も掃除も洗濯もなんとなくですが、ようやくまともにできるようになってきました。

 

今の所生活の中ですごく困ったことはあまりないのですが、あえて一つ上げるとするなら、うっかりミスのカバーを誰もしてくれないということです。

昔から忘れ物や紛失物がやたら多く、学生時代、学校で今日絶対必要なものを忘れた!お母さん駅まで持ってきて;;と慌てて電話した回数は数知れません。

ですが今はもう一人暮らし。もう誰もうっかりミスのカバーをしてくれません。

 

さらに、各種払込やいろいろなものの手続き、食材や日用品の買い物、朝のゴミ出しなど、うっかりミスを招きそうな場面が生活のなかに激増してしまいました。

買おうと思っていた野菜を一つ買い忘れたとかならまだ可愛いものですが、場合によってはライフラインが止まりかねません。

なんとかうっかりミス発生の回数を減らせないものかと考えた結果、スマホやパソコンで管理できるtodoistを導入することにしました。

 

Todoistはじめました

https://todoist.com/

Todoistはプランによってはビジネスでも使用できる、本格的でシンプルなタスク管理ツールです。

なぜ数あるタスク管理ツールの中からtodoistを選んだかというと、一番シュッとしててかっこよかったからです。

別に仕事用に使うわけではないし、機能が多くなって設定する項目が増えたりすると絶対途中で挫折すると思ったので、とりあえず最低限の機能が使える無料版で始めることにしました。

「プロジェクト」の使い方を間違っているような気がするのですが、今はこんな感じ。

私は何かを細かく分類することが苦手なので、タスクはあまり悩まずに分類できるよう、ざっくり大まかにわけることにしました。

分類の仕方は、「自分がどこで何をしているときにすべきことか?」を基準にしました。

 

例えば、「外出・お買い物系」なら、自分が外出している時にすべきことを入れておきます。

100均でタッパ買う」「コンビニでチケットの払込する」など、「別に今すぐじゃなくていいけど次街に出た時にやっておこう」と思ったものを入れておき、外出する日が決まったらその日付を入力しておきます。

遂行できたらチェックしてリストから削除。

「今日」の欄から「外出・お買い物系」のタスクがなくなったらミッション完了。帰宅します。

これで、「あれついでに買って来ようと思ってたのに忘れてた!」を減らすことが出来ます。

 

「創作系」なら、次の休みどうしようとか、いま暇だなーと思った時に何か始められるように、「〇〇の絵を描く」「本棚の設計図を作る」などをいいアイデアが思いついた時に入れておきます。

「この間次の休み何か作ろうと思ってたんだけど、何だったかな」を防ぎます。

 

使った感想

シンプルでわかりやすい!無料版でも、今のところは不便してないです。

一つの画面に、本当に必要な情報だけが表示されているという感じで、洗練されていて大変よいです。

また、デザインがシュッとしているという基準で選んだこともあって、「デザインが気に入らないものからは徐々に心が離れていく」という私でも使い続けられそうです。

アプリデザインの参考にもなりそうです。

 

何より、右にシュッとスワイプするだけでチェックできるのが楽です!

やってやったぜ!という爽快感もあります。

UX デザイナーさんが、「右にシュッとスワイプしてチェック」をどういう意図で実装されたかはわかりませんが、私は「ハイ!」とか「ヨシ!」とかいいながらチェックしています。(家の中でだけですけど)

絶対継続させるために

とりあえず今大切なのは、「絶対継続させること」。

以下のルール(?)を念頭に置きながら運用しています。

  • 日付が特に明確に決まってないものは日付を入れなくてもいいし、どうしても分類に悩むものは無理に分類せずそのまま置いておいてもいい
  • タスクのタイトルにフォーマットを決めない(「100均でタッパ買う」「白菜」などが混在していてもいいことにする)
  • 思いついたらその場で入れる
  • なるべく細かく分ける(「野菜を買ってきて茹でる」ではなくて、「野菜買う」「野菜茹でる」という感じで分ける)

(大雑把すぎてWebデザイナーとしてどうなの?という感じですがでもプライベーだしいいやということにしています)

 

そんな感じで、雑でもいいからこまめにやる、Todoリスト作成に精神のリソースを割かない、ということを意識しています。

Todoistで日常のタスクを管理し始めてから、うっかりミスが(心なしか)減った気がします!

特に、外出時の「あれついでに買って来ようと思ってたのに忘れてた!」は、ほぼなくなりました。

 

この調子で三日坊主にせず、継続していきたいと思います!