Oculus riftを体験してみた

IMG_7417

毎日暑いですね。。
こんにちわ。リエです。

こんなに毎日暑いとお部屋から出たくないですよね。
こういう時はVRで現実逃避に限る!
というわけで、
先日弊社に届いた「Oculus rift」で現実逃避してみました。(私はまだ未体験だったのです)
VRネタが続いてごめんなさいm(__)m

 

体験したみんなは口をそろえてすごいと言っていましたが、本当かな。。?と正直半信半疑で挑みました。
体験したデモソフトは2つ。
・廃病院の中を徘徊(ホラー)
・ジェットコースター

ちなみに言われたままデモソフトを選びました。(私チョイスではない)
ではレビューいきます(゚◇゚)ゞ

・病院の中を徘徊
私はホラー得意女子なので、大したことないんだろうなーと思い体験してみました。
まずつけたとたん仮想空間に引き込まれました。。これにはびっくり。。
すごいリアルなのです。
車いすに乗って廃病院を徘徊するのですが、振動とか乗ってる感じがリアルに感じられました。
ゾンビ(かどうかは分からない)が顔を覗き込んでくるのですが、けっこうビビりました。

・ジェットコースター
これは正直酔いました。。
それだけリアルなんですよね。。
アトラクション気分を満喫できます。

 

いやー、、「Oculus rift」すごい!
それにつきます。
みんなの言ってたことがよく分かりました!
とにかくリアルなんですよね。まさしく現実逃避。

無料のデモソフトでも十分楽しめました^^

 

\\新しい技術やデバイスが大好きな仲間を募集中です!!//
弊社でも新しい技術やデバイスを利用して日々業務にあたっています。
あなたの実現してみたいアイデアや技術を私たちに教えてください!
コミュニケーションのあたらしいカタチを私たちと一緒に考えませんか?
募集要項はこちらから。


PS VRで現実逃避してみた

雨の音ってずっと聴いていられますよね。(って言ったらモテそう。。)
マエダです。

「VR!VR!VR!・・・・・」

社内ではウォーボーイズばりにみんな叫んでいる今日この頃です。
(出典:マッドマックス 怒りのデス・ロード)

で、行ってきましたソニーストア。
PlayStation®VR体験。

大阪は店舗前通路にも体験ブースを設置しおねえさんが使い方を案内してくれました。
僕を含めて体験予約者はおじさんの群れ。
客観的にみると近未来感のあるアレに見えました。(ご想像にお任せします。。)

psvr

はい、口あいてます。
あきますとも。

体験させていただいたのは深海に潜っていくコンテンツ。
「気分が悪くなったら手を挙げてお知らせくださいね」とおねえさんにご案内いただきました。

で、なんかちょっとしてから絶望的に怖いサメさんがこっちに向かってきちゃいます。

完全に気分悪くなるに決まってるじゃないですか。
コワいよ。
フツーにコワい。

でも手を挙げることなんてできません。

だっておねえさんにショボいおっさんって思われるじゃないですか。。。

そんなこんなであっという間のPS VR体験は終了しました。

「気分は大丈夫ですか?」
おねえさんは僕に優しく声をかけてくれました。

「はい、大丈夫です。楽しめました。」
平静を装った僕は汗びっしょりで説得力ゼロでした。。

Oculus Riftを体験していたからそんなに驚かないだろうと思ってましたが超コワかったし超楽しめました。(震え声)

で、VRのスゴさを知った僕はもっとVRの魅力が知りたくて以下のイベントに参加。
http://googlevrgame.peatix.com/

そこで聞いたお話では今買いのVRデバイスはRiftでもPS VRでもないとのこと。

これです。
『htc Vive』
https://www.htcvive.com/jp/

ルームスケールVRという体験。
マジパネェ。
体験したヒトにしかわからないスゴさがあるとのことでこちらでは多くは語りません。。。

VR楽しい\(^o^)/


KNS第53回定例会に参加させていただきました

すでに日焼けしちゃいました
こんにちわ。リエです。

先日関西ネットワークシステム様(通称:KNS、以下KNS)主催の第53回定例会in甲南大学に参加させていただきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・関西ネットワークシステムとは?
通称KNS
関西を中心に活動する産学官民メンバーが、互いにフラットな関係性を築き、自主的かつ積極的に交流・協働していく人的ネットワークに支えられた異分野コミュニティ。
メンバー相互が、背中に背負った看板を脱ぎ捨て、個人的立場で参加している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
引用元:関西ネットワークシステム

KNSさんの定例会には何回か参加させていただいております。
今回はプレゼンテ―ション大会(以下プレゼン)に参加させていただくため。
異分野メンバーによるショートプレゼンを定期的に開催されています。

縁があり世話人の方より弊社マエダに参加しないかというお話をいただき、参加することとなりました。

プレゼンは4つの会場に分かれ、それぞれの部屋で参加者が発表します。
プレゼンターは55組。持ち時間は1人10分。(準備時間含む)
1分前にはベルがなり10分ちょうどで強制終了となります^^;
タイトルは事前に発表されていたので、皆さん自由に気になるプレゼンを聞きにいきます。

異分野メンバーによるプレゼンとだけあって内容はさまざまでした。
マエダのプレゼンタイトルは「うだつのあがらない僕が会社をつくることができたたったひとつの理由」(釣りタイトル・・・)
部屋は広い講義室だったのですが、このタイトルに惹かれてたくさんの方が聞きにきてくださり席が埋まりました。
IMG_4429

私は後ろで全体を見ていたのですが、皆さん真剣に聞いてくださっていました。
反応もすごくよかったです。

終わったあとも、たくさんの方々によかったと言っていただき私までうれしくなりました^^


簡単操作で絵が描けなくても大丈夫!? 4コマ漫画作成サービス『ロロロロ』をリリース

スプラウト株式会社(本社:大阪市、代表取締役:前田 益宏)は、2016年6月23日(木)、スマートフォンやパソコンで簡単に4コマ漫画を作れるWebサービス『ロロロロ(ろろろろ)』をリリースしました。

rorororo_press_bnr

[URL]
https://rorororo.jp/

[概要]
https://rorororo.jp/about

[スマートフォン作成画面]
https://rorororo.jp/img/press/rorororo_press_sp.png

[パソコン作成画面]
https://rorororo.jp/img/press/rorororo_press_pc.png

■「ロロロロ」とは
スマートフォンやパソコンから、素材を組み合わせるだけで、誰でも簡単に4コマ漫画をつくって公開できるWebサービスです。
1コマだけの漫画を投稿したり、4コマ続けて連載風にしたり、アイデアのメモとしてもご利用いただけます。
サービス名の「ロ」はコマを表しており、語呂もよかったため『ロロロロ(ろろろろ)』というサービス名が生まれました。

<特徴>
1.素材を選択して、テキストを入力するだけ
いつでもどこでも公開されている素材の中から、お気に入りの素材を選択し、配置するだけで4コマ漫画を簡単につくることができます。
自由にテキストを入力可能で、「縦書き」「横書き」「太字」などが選択できます。

2.パソコンからオリジナルの素材や写真をアップロード
オリジナルの素材(キャラクターや写真など)をアップロードして、4コマ漫画をつくり、公開することができます。

3.ユーザーがお題を作って、他のユーザーが続きを投稿
ふきだしや4コマ目などを空白にして公開する「お題」をつくることができます。「お題」は他のユーザーが続きをつくって投稿することができます。

[無料ユーザー登録]
https://rorororo.jp/login

■会社概要
商号   : スプラウト株式会社 (英 Splout Ltd.)
代表者  : 代表取締役 前田 益宏
所在地  : 〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-23-13
設立   : 2014年12月
事業内容 :コンサルティング
システム開発・サーバー構築
Webサイトデザイン制作・運営
URL   : https://splout.co.jp/

っていうプレスリリースをだしてみました。
URL   :https://www.atpress.ne.jp/news/106142

4コマ漫画でゆるいコミュニケーションを楽しんでいただけますと幸いです。\(^o^)/


Oculus Riftで現実逃避してみた

ついにやってきました,
Oculus rift

 

どどーん!!
IMG_6600

発売延期などもありましたが、無事に海を渡って本日到着しました。
さっそく開封の儀のはじまりです!

IMG_7413

じゃーーん!

高級感漂う箱の中から、これまた高級感漂うOculus riftが現れました。。ゴクリ
恐る恐る本体や付属品を取り出してVR用に新しく組んだ、ベンチマークスコア20328(この数字がどれだけすごいのか理解していない)の超高性能PCでセットアップの開始です。

IMG_7422

割とすんなりセットアップは完了。
ソフトはとりあえず無料のデモソフトをOculusのストアからインストールしてみました。
そしてOculusとのファーストコンタクトです。。。

IMG_7424

「やばい・・・やばすぎる!!!」

VRの世界と初めて対面し、思わず口が開いてしまいます。
実際に私も装着してみましたが、今までのゲームとは全く違う没入感がありました。完全にゲームの中に入っている感覚です。
この感覚は体験した人しかうまく伝えることができないのですが、本当に今までのゲームや映像の世界観が変わるデバイスだと思いました。。

IMG_7432

(Oculusを装着していない人はTVの画面でその人が見ている画面を一緒に観ることができます!)

IMG_7435

ビルの頂上から下を眺める映像では足がすくみそうになりました。
バンジージャンプやスカイダイビングなどの日常では体験できない映像がVRで体験できたら、とても楽しいんじゃないかとスタッフ間で話が盛り上がりました!
また、ホラーゲームのVRがあればやりたかったのですが残念ながらストアにはまだありませんでした。
※有料のものはいくつかありました。

これから多くのコンテンツが出ることを願っていますm(_ _)m

今年はPlayStationのVRデバイスも発売が決まり、VR元年になりそうです。
新しい技術やデバイスがどんどん出てくるのでとても楽しみな一年になるのではないかなと思いました。

 

\\新しい技術やデバイスが大好きな仲間を募集中です!!//
弊社でも新しい技術やデバイスを利用して日々業務にあたっています。
あなたの実現してみたいアイデアや技術を私たちに教えてください!
コミュニケーションのあたらしいカタチを私たちと一緒に考えませんか?
募集要項はこちらから。